【小学生向け】見やすいノートを書けるとどんな良いことがある?

見やすいノートを書けると、

「頭が良くなる」「成績が良くなる」

それも間違いではありません。しかし、他にもメリットがたくさんあります。

今回は、小学生のうちに見やすいノートを書けるとどんな良いことがあるのかについてお話しますね。

ルールがあるノート

見やすいノートとは、ルールが決まっていて、そのルール通りに書かれたノートです。

ルールがないと復習をするときに見づらく、勉強効率も悪くなってしまいます。

「日付を書く」「テキストの名前・単元名を書く」などのルールをしっかり決めると、見やすいノートになります。

このときにお子様の字が汚いと、どうしても気になってしまいますが「字が汚い」にフォーカスするのはやめておきましょう。

大切なのは、ノートの見やすさです。「字が汚い」と言われると、字を書くこと自体が嫌いになってしまう可能性もあります。

しっかりとまとまったノートについては、こちらの当ブログ過去記事『しっかりと書けているノートってどんなノート?』も参考にしてみてください。

小学生のうちに身につけたい力

小学生のうちに見やすいノートを書けるようになると、どんな良いことがあるのでしょうか。

  • 情報を整理する力
  • 要点をまとめる力
  • 深く理解する力

小学生のうちに見やすいノートを書けるようになると、上記のような力が養われるのです。

見やすくまとまったノートには情報が整理され、要点が分かりやすく書かれています。

ということは、見やすいノートを書くためには、頭の中の情報を整理して要点をまとめたり、勉強したことを深く理解する必要がありますよね。

必要な情報を整理してノートにまとめ、必要なときに取り出せる力がつくと、情報量の多い中学生の勉強もスムーズに進められます。

さらに、過去に勉強したことの確認・さかのぼり学習がしやすいというメリットも。

「重要なことは何か」を考えてまとめる力や「要点は何か」を理解する力は、学生の時期だけでなく大人になっても必要になります。

見やすいノートを書くことは、最初は上手くいかないかもしれません。

しかし何度も繰り返すうちに、だんだんと上手くなってきます。

今後の学習にも役立つので、小学生の段階から見やすいノートの書き方を身につけておきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 中学生から始まる定期テストってどんなもの?【小6】

  2. テスト前のノートづくり

  3. 漢字を覚えるときのポイント

  4. 読み書き計算って大事なの?どんなトレーニングが必要?

  5. 方眼ノートを使って成績アップを狙おう

  6. 【小学6年生向け】中学生になる前に習慣にしておきたいこと

個人指導専門塾で成績が上がる秘密