【集中力アップのテクニック】三日坊主にならずに継続させるコツ

普段はなかなか集中して勉強ができないけれど、一度集中しだすと長時間集中して勉強をするお子様もいらっしゃいますよね。

今回は、そんなお子様が普段から集中して勉強を行えるようになるためのテクニックについてお話したいと思います。

 

集中力だけではだめ

集中力アップのテクニックをお話するまえに、一つ確認しておきたいことがあります。

それは「ただ集中力をアップさせるだけではだめ」ということです。

お子様が集中して勉強し、志望校への入学や将来の夢をかなえるためには、継続力も重要です。

集中力は、瞬発ではなく継続が大事

ということを念頭において、つぎは集中力をアップ・継続させるテクニックについて見ていきましょう。

集中力をアップ・継続させるテクニック

集中力をアップさせるためには、「もう少しやりたい」「ちょっと物足りない」と思うところでやめることが効果的です

普段集中できない子でもスイッチが入り集中できると、ここぞとばかりにやりすぎてしまう傾向があります。

しかし、それだと継続しづらいことも事実です

ダイエットを頑張りぎたり、無理をしすぎ続かなかった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これは、お子様の勉強にも言えることで、瞬発的に勉強をしすぎると継続しづらくなってしまうのです。

せっかく集中して勉強していても、1日で終わってしまったり三日坊主になってしまってはもったいないですよね。

気分が乗ってきても「もう少しやりたい」と思えるタイミングでとめておくと、次の日の集中につながります。

これを繰り返すことで、勉強に集中することが習慣化ます

いつもは集中できない子が集中して勉強をしていると、親としても嬉しくなり、思う存分勉強させてあげたい気もしますよね。

ですが焦らず一緒にお子様の集中力の継続サポートしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 受験生だからこそ出来る!自己効力感の高め方

  2. やらなければならないことを継続させる方法は?

  3. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  4. なかなか勉強しない子どもにどうやって声をかければ良い?

  5. 夏休みに200時間勉強して成功した子の話【受験生】

  6. 【受験生向け】冬休みの模試の結果から、今すべき具体的な行動と…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密