前頭前野の働きから紐解く【マスク社会が与える子どもたちへの影響】

前回は、マスク生活による子どもたちの現在についてお話ししました。

「マスクは必須・子どもたちを感染症から守るもの」ですが、それが子どもたちに与えている影響は小さくないと思います。

【コロナ×コミュニケーション】を題材にした第2弾は、脳の働きからマスクありきの日常が子どもたちに与える影響を見ていきたいと思います。

人との関わりで活性化する前頭前野

脳のなかに「前頭前野」と呼ばれる部分があります。主な働きを以下に挙げました。

  • 考える
  • 記憶する
  • アイデアを出す
  • 感情をコントロールする
  • 判断する
  • 応用する
  • やる気を出す

前頭前野は「脳の司令塔」とも呼ばれ、人間らしく生きるために欠かせない部分です。

そして、この前頭前野は人とのコミュニケーションをとることで活性化することも分かっています。

SNS・電話でも活動は高まりますが、相手の表情や雰囲気を読みながら対応するほうが前頭前野の活性度が高まるのです。

前頭前野の働きが鈍いと?

研究結果によると、前頭前野はとくに8~15歳の思春期前後に急速に発達します。

友達との関わり方や人との接し方、コミュニケーションの取り方を実践しながら学んでいく小・中学生の時期です。

小・中学生の子どもたちはまさに今、前頭前野が成長している途中ですが、ここにマスクが与える影響は少なくありません。

分かりやすく勉強に例えて、大げさにいえば「文字のかすんだ教科書を読み、インクが上手く出ないボールペンでノートをとっている」といったところでしょうか。

前頭前野の働きが鈍くなると、物忘れが増える・考えられなくなる・感情のコントロールができない・やる気がでない、といったマイナス要素が起こります。

そして、結果的に学力も低下していってしまうことが容易に想像できるかと思います。

 

コミュニケーションを円滑にとり、意欲を持って勉強したり、自分らしさを発揮しながら生活するためには、前頭前野の成長が必要なのです。

参考文献:『社会脳の成長と発達』相原正男

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 7時間授業によって予想される子どものストレス。親はどう対処す…

  2. 勉強、生活・・・子どもが良い習慣をつけるために家族でできるこ…

  3. こころも身体もメンテナンス!体調管理の基本。

  4. 早寝早起きをしたい人へ、ちょっとした習慣で生活が変わる!

  5. 夏休み終盤に大事なのは、復習だけじゃない!?とても大事な心と…

  6. 夏休みに家庭学習を継続させる方法とは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密