クラス替えによるストレスとメンタルケアの方法

新学期になり、クラス替えが行われる学年もありますね。ワクワクする反面、少し不安に思っているお子さまもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、クラス替えによってかかるお子さまへのストレスとメンタルケアの方法についてお話します。

 

期待と不安が入り混じる新学期

新学期を迎えるにあたり、お子さまにとっては一大イベントとも言えるクラス替え。

新しいクラスで上手くやっていけるのか、友だちは出来るのか、期待と不安が入り混じったような気持ちになるお子さまも多いと思います。

お子さまによっては不安が大きく、頭痛や腹痛などの症状が出たり、学校に行くことが負担になってしまうことも。お子さまの声のトーンや表情をよく見て、様子を把握しておけると良いでしょう。

クラス替えは新たな可能性を見つけるチャンス

クラス替えは、新たな人間関係の中で子どもたちの良いところを伸ばしていくことを狙いとして行われます。

学校により方針はさまざまですが、スポーツが得意な子、リーダーシップのある子など、いろいろな個性が集まったクラスを目指してクラスづくりが行われることが多いようです。

また、新しい環境で人間関係を築く経験を積む機会でもあります。

 

「不安」を「楽しみ」に変える

お子さまが新しい環境を不安に思っている場合は、楽しみになるような言葉をかけてあげると良いでしょう。

例えば、「新しいクラスでも気の合う子が見つかるといいね」など、今までと違う環境になっても大丈夫だと思えるような前向きな言葉がおすすめです。

また、習い事など、別の学年や別の学校の子と触れ合う機会を作り、学校だけではない別のコミュニティを示してあげるのも良いでしょう。クラスの中だけではない世界があると知ることで安心できる場合もあります。

クラス替え直後はお子さまも不安になりがちです。

お子さまの話を聞いたり、保護者の方の体験談を交えながら共感を示してあげることで「自分だけが不安なわけではない」と思えるようになることも。

子どもには新しい環境に対応していく力があります。お子さまを信じて、見守りながらサポートしていけると良いですね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 子どもの勉強における「新しい当たり前」とは?

  2. 夏休みに中学1年生が意識するべき2つのこと

  3. 勉強上手になるために、時間を見つけるプロになろう

  4. 大変だった休校期間、子どもの言葉で救われました。

  5. メンタルコントロール、こころを健康に保つために今すべき行動と…

  6. 夏休みボケはどうやったら治るの?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密