見やすいノートの書き方(計算問題編)

こんにちは。個人指導専門塾の柴山です。

新学期が始まり、それに合わせて新しいノートに切り替える人が多いと思います。

新しいノートを使う時、ワクワクしたりちょっと緊張したり、独特な高揚感があるので、

「綺麗に書こう」という気持ちになるのではないでしょうか。

しかし、見やすいノートの書き方がわからないと

ついつい、いつもの書き方になってしまうなんてこともあると思います。

そこで今回は、見やすいノートの書き方(計算問題編)をお伝えします。

そもそもなぜ見やすいノートが必要なのでしょうか。

それは、自分が後で見直すときに、見やすくするためです。

ノートを見やすくしておくことで、

どこが重要なポイントだったのか、自分は何でミスをしたのかが復習しやすくなり、

それらを意識することで、

計算の苦手や、ミスを減らしていくことにつながります。

計算問題を解くときの、ノートを見やすくするポイントは6つあります。

①問題の番号をそろえる

②イコールをそろえる

③書きにくい時は2行使う

④問題と問題の間は1行または1マス空ける

⑤ひっ算やポイントをメモするスペースを作る

⑥色ペンは3.4色(黒、赤、青、蛍光ペン)

人は乱雑に並べられたものより、規則正しく並んでいるもののほうが

見やすいと感じるので、そろえることを意識しましょう。

右端にはひっ算やポイント、先生の話したことなど

メモするスペースをあけておきましょう。

次は色ペンに関してです。

女の子に多いのですが、いくつも色を使ってノートを書いている、なんてことはありませんか。

きれいな色をいくつも使ってまとめることでカラフルなノートが出来上がり、一見見やすいようにも思えますが

実は、ポイントがどれなのかわかり辛くなってしまいます。

なので、色は黒(鉛筆、シャーペン)、赤、青、蛍光ペン

この4色でポイントを絞って使っていきましょう。

新学期に新しいノートを書く時。この時期は自然と気が引き締まるタイミングだと思います。

このタイミングを活かし、ノートの書き方をマスターして

自分の苦手やミスを普段から意識し、直していけるようにしましょう!

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 「見やすいノートを書く」ということを大切にしましょう

  2. ノートまとめのやり方(英語)

  3. これから大事な「関数」って何?

  4. 証明問題に苦手意識がある子へ

  5. ノートを綺麗に書き続けてもらうためにするべきこと

  6. 先生にアピールできるノートをつくってみよう!

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。