読書感想文の書き方のポイント

こんにちは。教室長の丹下です。

夏休みになりましたね!これから楽いイベントがたくさんある子も多いのではないでしょうか?

夏休みといえば、大量にある宿題。
その中でも作文や読書感想文などを苦手に感じている子が多いと思います。

そこで、今回は「読書感想文の書き方」のポイントについてお話します。

まずは本選びからです。

課題図書として挙げられているものでも良いですが、
1番は「自分が感動した本」「だれかに薦めたい本」を選ぶことです。
文章が長くなくても大丈夫です。お子さんが興味を持った本を選んであげましょう。

そして、本を読む際には必ずメモを取っておきましょう。

感想文を書くときに、誰のどの言葉に感動したのか、どの場面について書きたかったのか、がはっきり思い出せずに読み返すということはありませんか?

書きたいと思った箇所を読み返すことは必ずやってほしいのですが、
最初からだと時間がかかりすぎてしまうので、

感動したところにマーカーを引いたり、付箋を付けたりして読んでいくようにしましょう。

次に構成についてです。
書き方のポイントは、大きく4つに分けて書くことです!

  1. その本を選んだ理由やきっかけ
  2. 本のあらすじ
  3. 感動した場面、印象に残った場面の紹介
  4. 自分にどのような影響を与えたか

この4つの手順を踏んでいくとスムーズに書いていくことができます。

そこで大切なのは、②をどれだけ簡潔に書くことです。
読書感想文が苦手な子は、字数を稼ごうとあらすじをひたすら長く書くということが多いです。

「紹介文」ではないので、あらすじは簡潔に伝えることを意識しましょう。

③④がメインになるように分量を考えていきましょう。
ここをたくさん書くためにも、メモや付箋は重要です。

 

また、④をどれだけ書けるかで、読んだ感想がより強く伝わります。
「この主人公の行動に感動して、自分も○○するようになった」とか、「自分の考え方が変わった」とか。

共感したこと、新たに発見したこと、学んだこと、似たような体験談など、自分に当てはめて書いてみると、
それほど苦労することなく書けるのではないでしょうか。

もしお子さんが読書感想文の課題に困っていたら、上記のことを伝えてあげてください。

書く際のヒントになると嬉しいです。

また、本選びは早めに!慌てて書くことのないようにしてくださいね。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 国語の点数をあげるためのテスト勉強と考え方

  2. 今から次の学年になるまでにやっておきたいこと(低学年)

  3. 読むスピードの速さは読解問題をどう読み込むかにあった!

  4. 作文に使える「発想力」を育てる方法

  5. 読解問題を“効率の良く”読めるようになった女の子の話(体験談…

  6. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。