自主勉強の第1歩とは

こんにちは。個人指導専門塾の大谷です。

最近、東海地区の小中学校の宿題を確認すると、

「自主勉強 ●ページ分」などをよく耳にします。

必要な勉強内容は子どもたちによって違うので、

非常に効率の良い学習スタイルです。

ただし、これは「正しい勉強のやり方」が出来ていたら の話です。

 

子どもたちに自主勉強の内容を確認すると、

教科書をまとめた

学校のワークを進めた

漢字練習をした

計算ドリルを進めた

など。

確かにやっている内容を聞いていると、自主勉強って感じがしますよね。

 

しかし、実際にその自主勉強を行ったという単元の小テストをしてみると

大半の子はそのテストで点数を取ることができなかったりします。

 

保護者の方も、

「この前勉強したと言っていたはずなのになぜ出来ないのだろう?」

と思われた事は1度や2度ではないのではないでしょうか?

 

これは、お子様の能力の問題ではなく

まさに勉強の【やり方】の問題なのです。

やり方が間違っていれば、当然成果にはつながりません。

勉強をしているのに成果がでないケースは、大きく3つのタイプに分けることができます。

1 理解しているかのチェックの機会を作っていない

2 キレイなノートを作ることに時間をかけ過ぎている

3 ページをこなすだけの作業になっている

子どもたちにはまだ経験がありません。

そのため、この自主学習でどんな効果が出るのかイメージが出来ないのです。

勉強の「やり方が間違っている」のではなく、「やり方を知らない」のです。

 

もちろん、その子に必要な勉強の内容は、学年や時期によって変わってきます。

また、自主勉強など自主性に任せる事は確かに大切なことです。

しかし、小中学生の時点では周囲の大人の客観的な視点による

最低限のチェックは必要なのです。

 

「正しいやり方を知る」

これこそが、本当に意味のある自主勉強の第一歩です。

関連記事

  1. 英語を好きになるきっかけを作ってあげよう!(体験談)

  2. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 前半

  3. 理科の“生物や地学”を攻略するためには?

  4. 読解問題を“効率の良く”読めるようになった女の子の話(体験談…

  5. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  6. 途中式はなぜ大切なの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密