教育のIT化とは?~ITとICTの違い~

電子黒板の導入や、小学校でのプログラミング教育が必修となるなど、近年では日本でも教育のIT化を推し進めようとしています。

しかし「教育のIT化」と聞いてもなかなかイメージしにくい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、教育のIT化についてお話します。

教育のIT化とは?

IT化とは、それまでアナログで行っていたことを、コンピュータとネットワーク技術を用いた作業に置き換えていくことを指します。

例えば、紙のノートを使用するかわりにタブレットを使用することでペーパーレスになり、何冊も重いノートを持ち歩く必要がなくなったり、板書の時間を短縮できたりと、効率化を図ることができます。

このように、教育現場にコンピュータやネットワーク技術を取り込み、活用していく動きを「教育のIT化」と呼んでいます。

ICT教育とは?①

昨今では、「ICT教育」という言葉も耳にしますね。

ITとICTとの違いをご存じでしょうか。

ITとは、Information Technologyの略であり、コンピュータやインターネットなどを用いた「情報技術」のことを言います。ICTとは、Information and Communication Technologyの略で、日本語では「情報通信技術」と訳されます。

ITがコンピュータなどの「技術」そのものを指すのに対し、ICTはそれらの「技術を活用する方法」を指すことが一般的です。

「ICT教育」とは、「インターネットやパソコンなどの情報通信技術を活用して、コミュニケーションを図っていく教育」のことを指しています。

ICT教育とは?②

通信技術を活用してコミュニケーションを図るとは、一体どういうことでしょうか。具体的には、パソコンやタブレットなどのデジタル機器を活用した調べ学習や、それらを資料にまとめて発表するなどといったことが挙げられます。

インターネットを活用することで、従来は時間がかかっていた調べものなどもスムーズに行うことができ、それらをまとめて発表したり表現したりといったことに時間を割けるようになります。学びの幅が拡がることが期待できますね。

 

次回は、教育現場でのITの活用例や、IT化のメリット・デメリットについてお話します。

 

◎参照

Logitec 詳しく解説!HDD・SSD「日本の教育IT化の現状は?IT化のメリットや海外での取り組み事例」

Logitec 詳しく解説!HDD・SSD「ICT教育とは?推進される背景やメリットデメリットを解説」

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【教科別】教育改革のポイント解説~社会編~

  2. 新学習指導要領によるプログラミング教育~中学生編~

  3. 「良いタイミング」を掴んで、良い習慣を身につけよう!

  4. 【教科別】教育改革のポイント解説~理科編~

  5. 子どもにあった塾選び~小学生の塾選びのポイント①~

  6. 「論理的思考力」って何が良いの?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密