受験生の保護者向け~イライラをコントロールする方法~

受験生の親御さんは、この時期頑張るお子様を応援したいあまり、怒りやイライラがつのることもあるかと思います。

受験生のお子様を見て、もどかしい気持ちになったり「自分なら・・・」「自分のときは・・・」と思ったりするのも分かります。

でも、この状態はお子様にとっても親御さん自身にとっても、良いこととはいえませんよね。

そこで今回は、イライラや怒りをコントロールする方法を紹介していきます。

まずは6秒耐える

「湧き上がってくる苛立ちをどうするか」これがポイントです。

そこで、まずは苛立つ気持ちを口に出すのを6秒間耐えてください。

心のなかでゆっくりと6秒数えると良いでしょう。

これはアンガーマネジメントでよく使われる手法で、怒りをコントロールする際に有効なテクニックです。

強い怒りだったとしても、長続きするわけではなく、数秒でそのピークが過ぎます。

そのため、6秒間をやり過ごせば気持ちが落ち着いていくのです。

口に出す言葉を変換する

6秒間をやり過ごしたら、口に出す言葉を変えてみましょう。

「もっと勉強したら?」とか「どうなっても知らないよ」ではなく

「お母さんもサポートするから、一緒に頑張ろうね」といった言葉に変換するのが大切です。

イライラしているときにそんな余裕がない・・と思うかもしれませんが、イライラしているときだからこそ

  • 認めてあげる
  • 味方であることを伝えてあげる

といった声掛けを意識しましょう。

感情を抑え込むよりも“行動”を変える

怒り、苛立ちなどの感情は「負の感情」といったイメージが大きいかと思います。

怒ってはいけない、怒りの感情を持つのは悪いことだ、と思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、怒りの感情を持つのは決していけないことではなく、怒りを感じるのは自然なことです。

そして、その自分の素直な感情を抑え込むのは良くありません。

怒りやイライラを無理に抑え込もうとするとストレスになり、親御さん自身が辛くなってしまいます。

そのため、自分の感情を変えよう・怒りを良い感情に置き換えよう、とするのではなく、声掛けという“行動”を変えましょう(これが先ほど説明した、言葉を変換するということです)。

また、最近イライラが多い、ストレスが溜まっている、と感じたら、適度に発散するのも大切。

ぜひお子様と一緒に、受験という大きな壁を乗り越えてあげてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 夏休みの目標を立ててそのための行動を継続させよう

  2. 勉強のモチベーションを維持するための褒めるタイミング

  3. 好きな勉強をこれからも好きでいてもらうためには

  4. 子どもが行動を起こすには何が必要?

  5. テストに向けてどんな声かけをしたら良い?

  6. 「伝わる」声かけの方法【受験生】

個人指導専門塾で成績が上がる秘密