「家でダラダラする子どもをどうすれば良いのか分からない・・・」という保護者の方へ

こんにちは、個人指導専門塾の坂口です。

学校は休校中。

子どもが勉強せずに家でゴロゴロしているのを見ると、ついイライラしてしまという話を保護者様からよく聞きます。

学校に行けないという生活が続いています。表面には出ていなくても、子どもたちは「いつもと違う生活」によるストレスを感じているはずです。

子どももイライラ、保護者様もイライラ。この状況を家庭で打開していくにはどうすれば良いのでしょうか。

子どものストレスの原因のひとつに、「やることがない」があります。

「勉強すれば良いじゃん!」と思ってしまうところですが、子どもの身になって考えてみると

  • 「友だちは勉強なんてやってないみたい」
  • 「みんなやってないなら、自分がやらなくても取り残されることはない」
  • 「そもそも何をやれば良いかわからない」

など、やらない理由はいくつでも挙げられます。

でも新学年に向けて、この時期、勉強は絶対にさせなければいけません。

休校によって蔓延する家庭内のイライラは、「ポジティブなコミュニケーション」で打破していきましょう。

保護者様がイライラした状態で声かけをしても何も良い方には転がっていきません。

イラッとしてしまっても、使う言葉を「ポジティブワード」にするだけで、子どもの反応が大きく変わります。

 

ポジティブワードとは、名前の通り、ポジティブな意味の言葉のこと。

ポジティブワードを使うことによって、子どもの行動(勉強)を促進することが出来ます。

例えば、

「〇〇(お子様の名前)、今日も頑張ってるね。」

「〇〇(お子様の名前)、何も言わなくてもやるってなかなかできないよね。」

などです。

一応机には向かうけどなかなか勉強に手をつけることが出来ない子や、長続きしない子にはうってつけの声かけです。

また、もうひとつ大事なのが、声をかけるタイミングです。

必ず、好ましい行動がみられた瞬間に声をかけましょう。

その為に、あらかじめ「好ましい行動」を決めておくとより声をかけるタイミングがわかりやすいでしょう。

オススメの好ましい行動は、「机に座る」「ワークをひらく」「筆記用具でノートに今日の日付を書く」などです。

  1. 勉強のできる出来ないに関わらず誰でも出来る行動
  2. 勉強の前準備となる行動

が良いでしょう。

親子だと「勉強を早くやりなさい。」「いい加減に勉強しなさい。」とつい命令口調になってしまいます。

でもポジティブワードと、声かけのタイミングを知っているだけでも、保護者様の気持ちはずっと楽になります。

また、もうひとつ大事なのが「勉強できる仕組みを作ること」です。

これについてはこちらの記事で説明しています。ぜひ参考にしてください。→「家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組みを作ろう①

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 新学年を迎えるにあたっての心構え(小学生→中学生へ進級)

  2. 読書をより“勉強”につなげてみよう!

  3. 受験生って何が大変?1、2年後に受験を控える中学生に向けて

  4. 勉強の習慣づけのコツ

  5. 「基礎力」「継続力」をつけるには

  6. 新学年を迎えるにあたっての心構え(勉強のやり方の見直し)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。