教育現場でのICT活用①~デジタル化で子供たちの力を最大限に引き出す~

2020年は、新型コロナウイルスの影響により、全国的に休校措置がとられました。

それにより、休校中でもオンライン授業ができるICTの活用がさらに注目されるようになりましたね。

次第に環境が整ってきているICT教育。しかし実際には、まだ十分な活用がされているとはいえません。

教育現場でのICTは、今後どのような活用が見込まれているのでしょうか。

今回は、学校現場におけるICTの活用について、2回に分けてお話していきますね。

ICTと教育

ICTとは「情報通信技術」を指します。

教育現場におけるICTは一つのツールであり、子どもたちの理解力を高めたり、興味や関心を引き出したりするための道具です。

ICT教育は「教育のデジタル化」で、電子黒板やパソコン・タブレット、インターネットなどの情報通信技術を使用した教育のことを指します。

文部科学省では、教育現場におけるICTの活用を推進しています。

  • 多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、個別に適正化されたICT環境により、資質・能力を確実に育成する
  • 教師生徒の力を最大限に引き出す

上記を目標として、1人1台の端末と通信環境の整備が進められています。

文部科学省の調査によると、100%とまではいきませんが、96%以上の小中学校で端末の利活用が開始されています。※1

教育現場でのICT活用は効果的?

「ICT教育には、本当に効果がある?」「逆に学力が下がってしまうのでは?」

多くの保護者の方が気になるのは、ICT教育の実際の効果ではないでしょうか。

文部科学省の委託で実施された調査では、「ICTを活用した授業は効果的」といった結果が分かっています。※2

小・中・高の算数(数学)や社会、理科のテストにおいて、ICTを活用しなかった授業よりも、ICTを活用した授業のほうが、点数が高い結果となりました。

児童・生徒の「関心・意欲・態度」はもちろん、各教科の点数「知識・理解・技能・表現」でも高い効果が明らかになっています。

参考※1端末利活用状況の等の実態調査(令和3年7月末時点)(確定値)/文部科学省

   ※2教科指導におけるICT活用/文部科学省

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 家庭学習は何をしたら良い?

  2. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  3. 「勉強できる環境」って一体なんだろう?

  4. 【前向きに生きる力!】自己効力感を高める方法

  5. 子どもにあった塾選び~小学生の塾選びのポイント①~

  6. 小学校低学年がこの1年でするべきこと

個人指導専門塾で成績が上がる秘密