【受験生向け】勉強内容を選定して効率化を計ろう!

学習計画は勉強をするうえでの基本です。受験勉強を効率よく進めるために、あらかじめ勉強内容を決めておきましょう。

今回は、勉強内容の選定についてお話ししていきたいと思います。

 

なぜあらかじめ勉強内容を決めることが必要なのか?

「勉強内容を前もって決めてしまうと窮屈になるのでは?」「そのときに合わせて内容を決めたほうがやりやすいのでは?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、あらかじめ勉強内容を決めることは、効率良く勉強を行う上で重要です。

もしも、勉強内容を決めずにいたら・・いざ勉強を始めようと思っても「何からやろうかな」と考えることからスタートしなければなりません。

勉強内容を決める5分であっても時間のロスです。5分は短いように感じますが、1日に数回が1週間2週間と続けば大きな時間の差になります。

さらに、内容があらかじめ決まっていない勉強は、行き当たりばったりになりがち。

どのルートを辿る、何に重点を置いて進む、といったことが分かってなければ、効率の良い勉強ができません。

勉強内容を決める際に気をつけること

  • やるべきことを書き出す
  • 苦手科目の基礎に重点を置く
  • 新しい教材に手をつけるよりも、今あるものを繰り返し学習する
  • 詰め込み過ぎは厳禁
  • 必要であればそのつど計画の見直しを

勉強内容を決める際は、まず“受験本番までにやるべきこと”をすべて書き出しましょう。

配分としては苦手科目の基礎に重点を置くと良いです。苦手科目は伸び幅が大きいですので、集中的に勉強すると大幅な点数アップにつながります。

ここから新しい教材に手をつけるよりも、今まで使っていた教材を繰り返し勉強するほうが◎

「あれもやりたい、これもやっておかなくちゃ」といった気持ちになるかもしれませんが、詰め込み過ぎは計画倒れの原因となりますので避けましょう。

いちど勉強内容を決めたらそれでOKではなく、勉強を進めながら必要であればその都度見直しも必要だと、頭の片隅においておくと良いかと思います。

勉強するまえに、あらかじめ勉強内容を決めておくことで、スムーズに受験勉強が進められます。

さらに、着実にこなしていくと自信にもつながります。

今回の記事を参考に、勉強内容を決めて効率的な受験勉強をしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【受験生向け】模試に真剣に取り組むメリットとは?

  2. この時期、塾講師が受験生の勉強で実際に気をつけていること②

  3. 新学年を迎えるにあたっての心構え(小学生→中学生へ進級)

  4. 【小学生向け】7月に夏休みの課題をすべて終わらせてしまったら…

  5. 私立入試直前!~受験生がするべきこと~【受験生】

  6. 公立高校が第一希望のお子様向け|私立併願校はどう決める?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密