冬休みの有意義な過ごし方~中学生編~

前回は、小学生の方へ向けて冬休みの有意義な過ごし方をご紹介しました。

今回は、中学生の皆さまへ向けて冬休みのおすすめの過ごし方をご紹介します。

 

計画を立てよう

楽しい行事がたくさんあり何かと忙しい冬休みは、思っているよりも早く過ぎ去ってしまうものです。

時間を有効に使えるよう、前もって計画を立てましょう。

稀に宿題をまとめて片づけてしまおうとするお子様がいますが、一気に取り組むのは想像以上に大変です。

毎日範囲を決め、少しずつ進めていくほうが、楽ですし頭にも残りやすいです。

特に、苦手な教科がある方は、毎日少しずつ触れることで苦手意識が解消されやすくなります。

苦手を解消しておこう

苦手な教科や分野があるお子様は、この冬休み中に復習して苦手を解消しましょう。

朝や夕ご飯の前などササッと勉強したいときには、計算問題や年号の暗記、単語の暗記など、負荷の軽いものに取り組むと良いでしょう。

このような問題は反復練習が鍵になります。毎日30分ずつでも取り組んでおけば、冬休みが終わるころには大きな成果になっているでしょう。

ゆっくり時間が取れる午後などには、文章問題や記述問題など、考える力が必要な問題に取り組んでみましょう。

また、苦手な単元については、どこから分からなくなっているのかを知るために分かる単元までさかのぼって復習をしましょう。

どこでつまずいているのかを発見して、疑問を解決しておくことをおすすめします。

冬休みは一年の総復習をするチャンスです。ここで苦手を克服し、新学期に良いスタートを切れるようにしたいですね。

メリハリをつけた生活をしよう

勉強も大切ですが、休みや行事を楽しむこともリフレッシュするには大切なことです。

勉強する時間は勉強する、家族と過ごす時間は勉強のことを忘れて思いっきり楽しむなど、メリハリをつけた生活を意識しましょう。

休みの日は夜更かししてしまいがちですが、生活リズムを崩さないよう気を付けてくださいね。

 

ついつい生活リズムが乱れがちな冬休み。新学期からも元気に登校できるよう早寝早起きを心がけましょうね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 夏休みに家庭学習を継続させる方法とは?

  2. どう向かい合う?反抗期の子どもへの接し方

  3. 「生きる力」が人生を豊かにする

  4. 新年度から今までを振り返ってみよう

  5. コロナ禍における子どものメンタルケア方法

  6. 「新型コロナウイルス」感染リスクランキング(小・中・高生版)…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密