【中学生向け】冬休み明けの実力テストの間違い直しをしましょう!

冬休み明けに実力テストがあった方は、間違い直しをしましょう。

今回は中学生に向けて、間違い直しの必要性や間違い直しの方法についてお話ししますね。

 

小さな間違いをそのままにしない

テストは緊張したり不安が勝ったりして、ふだん間違えないような問題を間違えてしまうときもありますよね。

ですが、ふだんは間違えないような問題だから「次は大丈夫」と言って、蔑ろにしてしまうのはよくありません。

間違えるということは、その問題に不安が残っている証拠です。

また、そのような問題こそ、すぐに効果がでる“伸びしろ”になります。丁寧に間違い直しをして、得点アップにつなげましょう。

間違い直しのやり方

間違い直しは後回しにせず、テストが返ってきたら“すぐに”やりましょう。

具体的には、間違えたポイントを書き出してまとめます。(何をどう間違ったのか・どのように考えれば正しいのか・覚えるべきポイントは何か…など)

間違い直しができたら、問題をもう一度解き直します。

その際は、何も見ずに自力で問題を解きましょう。(解き直しが終わったら、また丸つけをします)

そうすることで、しっかり理解できているかが分かります。

苦手克服に重点を置いて学習を進めていると「いつもは間違えない問題をたまたま間違えただけだから、何もしなくても次は正解できる」と思って、分からなかった問題を中心に勉強してしまいがちですよね。

しかし、いつもは間違えない問題こそ、簡単に得点アップにつながる問題です。

間違い直しのくわしい方法は、こちらの記事にも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 私立受験直前!~1か月前にやるべき勉強②~

  2. 内申点とは?高い内申点を取るメリットと上げるコツを公開!

  3. 夏休みをきっかけに国語を「好き」に変えたSくん

  4. 国語の“苦手”を見極めよう!②

  5. 一次関数を苦手にしないための一番簡単なコツ

  6. GW勉強をしなかった子がその差を埋めるためには(小学生)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密