たまには保護者の方が頑張る目標を考えてみましょう。「1日5回ポジティブワード」

こんにちは、個人指導専門塾の山岡です。

お子様の勉強を促す仕組み作りとして、予め行動目標を決めてそれを実践させるという方法があります。例えば、「1日10個×10回英単語の練習をする」などです。

これはお子様自身が頑張る目標です。

ですが、たまには発想を変えて「保護者様が頑張る目標」を考えてみるのはいかがでしょうか。

今回提案するのは「1日5回ポジティブワードを子どもにかけましょう!」です。

これまでにも、お子様に対する保護者様の声かけが子どもの勉強の動機付けになる、というお話をしてきました。

(子どもへの声かけについて詳しくご紹介している記事はこちら。「子どもへの正しい声かけ。褒め方のルールとは?」)

 

ポジティブワードでの声かけを意識的に増やし、子どもの勉強に対する意欲を応援してあげましょう。

声かけの際に入れるべきポジティブワードは、こちらです。

「いいね」
「出来たね」
「やったね」
「頑張ったね」
「ありがとう」
「おめでとう」
「すごい」
「お疲れ様」

どれも色んな場面で使えそうな言葉ですよね。ポジティブワードは、ネットで調べればもっとたくさん出てくるのでぜひ調べてみてください。

「1日5回」というように回数を決めておくと、決めないよりも「やろう」という気が湧いてきますし、5回やりおわった後の達成感を感じることが出来ます。

この「行動目標をやり切った」という実感を、ぜひお子様に行動目標を決めてやらせる時の参考にして頂きたいのです。やってみると「すんなり出来たな」「毎日継続は大変かもな」というような感想が出てくると思います。

ぜひお子様の為にも挑戦してみてください。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 勉強のモチベーションを維持するための褒めるタイミング

  2. 【小学生向け】この夏休みにやるべき単元とは?

  3. コロナウイルス第2派に備えて子どもがやるべき準備とは!?〜家…

  4. 自主勉強の第1歩とは

  5. 勉強嫌いな子どもをやる気にさせる一言とは?

  6. 中学校3年生がこの一年でするべきこと

個人指導専門塾で成績が上がる秘密