第一希望に合格した受験生がやっていた夏の勉強法とは【受験生】

こんにちは、教室長の丹下です。

夏休みも半分ほどが終わりましたね。
中3生の方は部活動も引退を迎え、いよいよ受験勉強が本格的にスタートというところでしょうか。

今回は「第一志望に合格した受験生がやっていた夏の勉強法」についてお話します。

中3生にとって夏休みは、中1,2の総復習をやらなければならない時期です。
2年間分の復習をやっていくということで、膨大な量になります。

そこで、毎年3年生にやってもらっていたのは2つです。

①すべての単元を一通りやる

②時間を意識して勉強する

苦手なところだけやるというと、すぐ嫌になりますよね。
できない、わからない…どんどんマイナスな方向に行ってしまいます。
絞ってやってしまうのも、偏りが出てよくありません。

毎年3年生の子には、夏に2年間分すべての単元に触れるように伝えています。

何か1冊総復習のテキストをやり切る。そしてそれを何回もやり直すことを徹底してもらいました。

しかし、基礎から応用まで全部やる必要はありません。
必ず基礎から一通りやること。

だんだんレベルを上げてやっていくと、
「ここまではできる」「ここからが全く分からなくなる」「どこを忘れていて、どこを覚えているか」
などの線引きができるようになります。

いろいろなテキストをやる、たくさんの苦手単元を克服する…
これができればいいですが、それでは中途半端なまま夏が終わってしまいます。

夏休みに、

  • 自分の得意単元
  • 自分が忘れていたところ
  • 自分のできないところ・苦手

これらをどれだけ見つけられるかが大切です。

また、時間も意識しながらやってみましょう。

例えば、

  • 1ページに15分以上はかけないようにタイマーを使う
  • 朝1時間・昼3時間・夜2時間は勉強する
  • 1日5時間以上勉強する

など…

受験勉強にあたって、これまでよりも勉強時間を増やしていくことは必須です。

その時間を増やすために、常に時間を意識して勉強をするようにしてほしいです。
学校が始まると、どうしても今より時間に余裕ができなくなってしまいます。

9月に入ってから勉強時間を増やすのは難しいです。
今のうちに、カレンダーに1日の勉強時間を書いてみたり、タイムスケジュールを作ってみたりして、
勉強時間を測ってみましょう。

夏休みも残り3週間ほどです。
9月になれば、また中3の新しい単元の学習がスタートします。

夏休みに頑張り切ることが出来れば、9月以降もそのままの勢いで勉強に励めるはずです。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【2018年度】合格者の声、先輩たちから学ぶこと

  2. 新学年を迎えるにあたっての心構え(小学生→中学生へ進級)

  3. ゴールデンウィークでやること②

  4. 内申点とは?高い内申点を取るメリットと上げるコツを公開!

  5. タイマーを使って勉強してみよう

  6. この時期、受験勉強って何をすれば良いの?【受験生】

個人指導専門塾で成績が上がる秘密