勉強できない!?問題点を解決して学習習慣を身につけよう!②

前回は「知るだけで満足している」といった問題点の解決策をお話ししました。

大人でも陥りがちなので注意していきたいですね。

今回は、努力そのものを楽しんでいないかについて考えていきましょう。

努力そのものを楽しんでいませんか?

「楽しんで努力できるなんて、素敵なことじゃない?」「楽しく勉強するからこそ、継続できるのでは?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お子様が楽しんで勉強ができるのは、とても素晴らしいことです。

しかし、少し立ち止まって考えてみてください。

  • 今日は3時間も勉強ができた!
  • 30分でワークを5ページもできた!
  • 漢字練習を2ページもやった!

お子様の笑顔の報告は嬉しいですが「努力した量」に目を向けていませんか。

勉強の目的は「分からないことを分かるようにする」です。

「分からないこと・できないことが、分かるように・できるようになった」この楽しさはお子様にたくさん感じていただきたいですし、それがあるからこそ勉強を継続できます。

「どれだけ理解できたか」に重点を置く

長時間勉強ができても、たくさんのページを進められても、中身は伴っているでしょうか。

本当に大切なのは量ではなく、内容です。

「どれだけたくさんできたか」ではなく「どれだけ理解できたか」なのです。

もちろん、頑張った努力(量)は認めてあげてください。

そのうえで、どれだけ理解できたか(内容)に注目して、褒めてあげましょう。

もしも、内容があまり充実していないと感じるならば、どうしたら充実するかをアドバイスしてあげましょう。

 

努力をできるお子様ですから、内容を充実させることもすぐにできると思います。

「どのように内容を充実させれば良いか分からない」「効率の良い勉強法が知りたい」といった方は、いつでもお気軽に当塾の講師にお声がけいただければと思います。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 読むスピードの速さは読解問題をどう読み込むかにあった!

  2. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  3. 家庭学習を習慣化させるためには

  4. 勉強を続ける方法

  5. 友だちと勉強するって良いこと?悪いこと?

  6. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密