学習計画の立て方その2~挫折をしない方法~

1週間単位の学習計画を立ててモチベーションを保ったまま勉強していても、途中で挫折してしまうことはあります。

今回は、「学習計画の立て方その2」として、挫折しない方法についてお話します。

実力を考慮した学習計画

学習計画を立てるにあたって、お子様の今の実力を考慮しましょう。

今の実力では1日5問解くのがやっとなのに、1日10問解かないと終わらないような学習計画は、挫折につながってしまいます。

 

せっかくモチベーション高く学習計画を立てても、計画通りに勉強ができなかったら…。

お子様は、がっかりしてやる気がなくなってしまいます。

それが3日・4日と続くと「もうムリ」「もうやめる」となってしまうことも。

親御さんとしても、最初に立てた計画通りにいかなければ「勉強をサボっている?」「うちの子、要領が悪いのかな?」と思ってしまうこともあります。

しかし、それは今の実力を考慮しない学習計画だった可能性が高いのです。

途中で挫折してしまわないように、今の実力をしっかり見極めることが大切です。

具体的な方法

では、今の実力を見極めるにはどうしたらいいでしょうか。

  • 見開き1ページの読解問題を読むのにかかる時間
  • 苦手単元をノートにまとめる時間
  • 数学の計算問題を10問解く時間

など、各勉強にかかる時間をあらかじめ計って計画を立てるのも一つの方法です。

「どの勉強にどれくらいの時間がかかるのか?」が分かれば1日の勉強時間に対して、どれくらいの量を計画に盛り込めばいいのかが分かります。

確実にこなせる量であれば「勉強が終わらずに、途中で挫折してしまった」ということを避けられます。

そして、毎日計画通りに勉強できていることへの自信が生まれるのです。

挫折せず達成感とともに次の日の勉強意欲を引き出すために、お子様と一緒に「今の実力を考慮した学習計画」を立ててみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 友だちと勉強する際に決めるべきルール

  2. 夏休みにどのくらい勉強するべき?~どんな勉強をすれば良いのか…

  3. 家でも出来る!テスト前、実際に塾でやっている対策【中学生】

  4. 自分の弱点・苦手を見つけよう

  5. チェックリスト(Todoリスト)を使って勉強上手になろう。

  6. 数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

個人指導専門塾で成績が上がる秘密