学年末テストと受験勉強、どっちが大切?

こんにちは。個人指導専門塾の岡田です。

2019年が始まってすでに1週間が経ちましたね。

始業式も終わり、私の教室の生徒も部活に勉強に励んでいます。

そして、中3生は受験も大詰め。みんな最後の追い込みをかけ猛勉強をしています。

本日は、ある保護者の方から頂いた質問にお答えしようと思います。

それは「受験勉強と最後の学年末テストはどちらを頑張らせたら良いでしょうか?」というものです。

確かにどちらかに焦点を絞れば、どちらかの精度は高くなるような気がしますよね。

しかしこの二つ、別にどちらかを選ぶ必要はないのです。

結論としては「両方頑張るべき」と言えます。

はじめに、志望校が公立か私立かによって、学年末テストによって決まる内申点がどう影響してくるか異なります。

●第一志望が公立の場合・・・3学期の学年末テストの直後に決まる仮の内申点を考慮した調査書が学校から提出されるため、学年末テストは最優先事項として勉強する必要があります。

●第一志望が私立の場合・・・私立入試の場合、一般入試も推薦入試も2学期までの内申点を考慮した調査書が提出されるため、学年末テストの成績は内申点にさほど影響を受けないと言っても良いでしょう。

上記を見ると、公立高校が第一志望の場合は学年末テストの結果が必須であることが分かります。

では、受験勉強とどう両立を図るのが良いでしょうか?

それは普段通りテスト範囲表に沿った勉強を優先していけば大丈夫でしょう。

というのも、学年末テストの範囲が数学を例に挙げるとなると

  • 1年生~3年生で習った計算の総合的な問題
  • 1次関数や2次関数が合わさったような問題
  • 相似や円周角、三平方の定理といった図形問題

と絞れてきます。

実はこれらの単元は、愛知の公立高校の入試において要となる得点源の単元ばかりです。

偏差値60以上の難関校を狙うのであれば、上記の単元の中でもかなりハイレベルな問題を正解していく必要があるのです。

そのように考えたとき、

学年末テストのテスト勉強=公立高校の入試対策

という自然な流れができているため、学年末テストと受験勉強を別個で見る必要はありません。

 

次に私立高校が第一志望の場合はどうでしょう?

こちらも学年末テストの勉強に専念した方がよいと言えます。

私立高校の受験も公立高校と同様、学年末テストの範囲に出題される重要な単元も出題されます。

に私立高校を一般受験する場合、内申点と実力点(偏差値)で言えば

圧倒的に後者を優先して合否判定を決める高校がほとんどです。

そのため、私立高校を一本で受験するとしても、受験勉強として学年末テスト対策をしない理由がないと言えます。

 

公立高校にしても私立高校にしても、

第一志望の高校に合格する可能性が1%でも上がるのであれば、出来る行動はするべきです。

高校受験は一大イベントです。

ここで結果が残せるかはそれまで行動を積み重ねられたかどうかのみで決まると言っても過言ではありません。

ぜひ行動量にこだわって、受験当日まで過ごしてほしいと思います。

投稿者プロフィール

岡田
岡田
個人指導専門塾教室長の岡田です。
得意科目は英語と数学です。難しい問題の「なぜ?」を追及することが好きです。
趣味は音楽鑑賞で、歌手のライブをよく観戦に行きます。
生徒たちには、勉強の苦手や嫌いを好きに変える指導方法にこだわって日々授業に取り組んでいます!

関連記事

  1. もうすぐ受験の子どもに自信をつけさせるためには【受験生】

  2. 中学校3年生がこの一年でするべきこと

  3. 受験生に伝えたいモチベーションを維持するということ

  4. 今からやるべき私立受験対策

  5. 保護者が出来る受験生のモチベーションを保たせる方法

  6. もうすぐ受験の子どもにどんな言葉をかければ良いのか【受験生】…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

4月27日に代表石田の書籍が発売されます