学年末テストに向けた勉強のやり方

こんにちは。個人指導専門塾の岡田です。

早いもので2019年になり1か月が経ちましたね。

中学生は2月に、この1年の中でも特に重要なものが待ち構えています。

それは学年末テストです。

中学1年生のお子さんやその保護者の方は、初めての学年末テストなので

「いつも受けている定期テストと大して変わらないのでは?」

と考えられている方も少なくないでしょう。

しかし学年末テストこそ、対策や準備をどれだけ前もってやれたかによって

その成果が大きく変わってくるテストであると言えます。

そう言える1番の理由がテスト範囲の膨大さです。

学年末というだけあり、テスト範囲は3学期に習ったものも併せて1年間分の単元が出題される学校がほとんどです。

1の数学を例として挙げるとすると

  • 正負の数の四則計算
  • 文字式の四則計算
  • 方程式の計算と文章題
  • 比例と反比例のグラフ作図や計算、文章題
  • 図形の作図、扇形の中心角や面積を求める問題

と幅広く出題されます。

その量は、普段こなしている定期テストの出題量の2.5倍~3倍ほどといわれています。

この量をこなしていくにあたって

「テスト範囲が出題される1週間前から勉強すればいいや」という考えのもとテスト勉強をしていては

確実に全範囲を抑えきることはできません。

そのため、学年末テストで求められるのは「狭く深くピンポイントで勉強する」よりも、

「広く深く各単元を抑えていく総合力」なのです。

さらに、副教科も合わせて9教科分を抑えていかなければなりません。

そこで私の経験上、学年末テストを始める良いタイミングは、テスト開始3週間~1か月前です。

おすすめの戦略は、

・初めの1~2週間で、暗記が中心である理科や社会、また、英語の単語や国語の漢字を

覚えているものと忘れていたものに分別する。

・残りの2週間は、数学の文章問題や英語の文法・読解問題といった時間の要するものを中心として進めながら、

忘れていた語句や漢字などを暗記する練習に充てる。

です。

そうすることで一夜漬けにならず、心身ともに負担をかけないテスト勉強ができるはずです。

つまり、今日この時点からテスト勉強のために動き出していきましょう。

投稿者プロフィール

岡田
岡田
個人指導専門塾教室長の岡田です。
得意科目は英語と数学です。難しい問題の「なぜ?」を追及することが好きです。
趣味は音楽鑑賞で、歌手のライブをよく観戦に行きます。
生徒たちには、勉強の苦手や嫌いを好きに変える指導方法にこだわって日々授業に取り組んでいます!

関連記事

  1. テスト勉強をする前に計画を立てましょう!

  2. テスト前のノートづくり

  3. 英語の勉強には教科書を使おう。

  4. 間違い直しでテストの点数が60点もあがった生徒の話

  5. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  6. テスト勉強はどうやるの?(理科・社会)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加