子どもの勉強に生かすFFS理論②自分の特性を知る

前回は、FFS理論についてと、FFS理論を構成する5つの因子について知る方法について、お話しました。

今回は、自分の特性を知るために用いられる簡易診断の中身と、5因子それぞれの特性についてご紹介します。

FFS理論についての説明は、前回の記事をご覧ください。「子どもの勉強に生かすFFS理論①FFS理論とは?

簡易診断テスト

FFS理論では、①凝縮性、②受容性、③弁別性、④拡散性、⑤保全性という5つの因子を、それぞれどれくらい持っているのかによって、人の特性を知ることが出来る、ということでしたね。

5つの因子をさらに大きく分けると、人の特性は「保全型」と「拡散型」の2つに分類することが出来ます。

さっそく簡易診断をやってみましょう。以下の設問に、パッと直感で答えてみてください。

※以下の設問は、『ドラゴン桜2 12巻』より引用しています。

設問1  何冊かの本を読むとします。どんな順番で読みますか?

①一冊を読み終わってから次の本を読む。

②気になる本は同時にいろいろ読む。

 

設問2  家に自分の勉強机があるとします。机上はどんな状態ですか?

①必要なものだけが置いてある。比較的、整理整頓がされている。

②モノがほとんど何も置かれておらず、ガランとしている。

③すぐに使わないものも含めて、雑然といろんなものが置いてある。

 

設問3  学校と塾には自転車で通っています。自転車はどこに停めていますか?

①必ず駐輪場内の指定された場所に停める。

②邪魔にならない範囲で、建物の近くの空いているスペースに停める。

③基本は駐輪場。ただ慌てているときなど、駐輪場以外にはみ出して停めることがたまにある。

 

設問4  学校や塾で、授業時間中にトイレへ行くことはありますか?

①休み時間に済ませるので、ない。

②ある。休み時間に話し込んでしまったりして、行くタイミングを逃すこともあるので。

 

4つの設問のいずれも、「1」が保全型の選ぶ選択肢です。

「2」「3」を選んだ人は拡散型の特徴を示します。

『ドラゴン桜2 12巻』より引用

保全型と拡散型

「保全型」は、物事を着実にこなしていくことを大切にし、「ちゃんとやりたい」「失敗したくない」という思いが強い傾向にあります。

何も指針がないとストレスを感じるため、計画をしっかり立ててから勉強に取り組むことを好みます。

反対に、「拡散型」は、「面白い」「やってみたい」と、目の前のことにワクワク出来るかがモチベーションを保つ鍵になります。

自由に動けないとストレスを感じるので、自分のやってみたいことをどんどん試していき、体験から自分の仮説を検証していくことを好みます。

 

いかがでしたか。

次回は、それぞれのタイプに合った具体的な勉強法を紹介していきます。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 子どもの勉強に生かすFFS理論③それぞれの特性にあった勉強方…

  2. 定期テスト上位常連の子がやっているテスト勉強法ベスト3

  3. 新しい学年になる前に(中学生)

  4. 方眼ノートを使って成績アップを狙おう

  5. 勉強をするとき、短い時間で効果を上げるためには

  6. 時間のある夏休みだから出来る、国語の勉強方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。