英語の勉強のやり方をレベルアップさせよう!

こんにちは、教室長の丹下です。

9月も半分以上がたち、学校の授業も本格的になってきました。

勉強が難しくなってきたと言い始めているお子さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、人間が物事を覚える時の特性を絡めた、英語の勉強のやり方をお話します。

勉強内容が難しくなってきた時こそ、勉強のやり方を見直しましょう。

普段、

  • ただ英文を書いているだけ…
  • ただ読んでいるだけ…

となっていませんか。

英語には暗記の要素があります。

暗記力を上げるためには、

  1. 音読
  2. 書く
  3. 教える

の 3 つが重要です。

音読は無意味なように思われますが、これはとても効果的です。

記憶というのは、たくさんの神経を使うことで、より思い出しやすくなります。

音読をすることで、目からだけでなく、耳からも情報を取り入れることができます。

また、口を動かすことで、口の動きでも情報が脳へ伝わります。

 

また、書くことは運動性記憶につながります。

水泳や自転車は一度できるようになってしまえば、自然とその後もできますよね。

これも運動性記憶によるものです。

書くことで、より強く記憶に残るのです。

 

さらに、自分で勉強したことや覚えたことを、人に伝えたり、教えたりすることで、定着率が格段に上がるのです。

その定着率は、講義を受けたり動画を見るよりことに比べて、3 倍以上にのぼると言われています。

人に説明するためには、覚えた内容を思い出し、頭の中でまとめ直さなければいけません。

完璧に内容を理解していないと難しいのです。

もしうまく説明できなければ、もう一度覚え直すことにもつながります。

これを英語の学習に当てはめてみると、

  • ノートに英文を写すときは、声に出して発音しながら英文を書く
  • 授業で習った文法を友達に説明してみる
  • 自分で声に出して文法の説明する(自分自身に説明するように)

これらを実践するためには、日々の学校の授業をいかに聞くかが大切です。

新出単語の発音を漏れなくメモしておく、黒板に書かれたことはノートに写す、疑問に思ったことはその場で質問しておく、など…

 

また、発音を覚えることに焦点を当てた暗記のコツについても以前ご紹介しています。ぜひ、こちらも参考にしてみてください。→「単語を覚える事が早い人、遅い人の違いとは?

 

学習内容の難易度が上がっているこの時期、

勉強の取り組み方も、今一度レベルアップを目指しましょう。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 家で理科と社会を勉強しましょう

  2. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  3. 英語が『大っ嫌い』から『大好き』になった女の子

  4. 中学生になってから英語で慌てないために【小学生】

  5. 理科と社会のノートまとめのコツ

  6. 記憶のメカニズムをもとに効率的に覚える方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。