中学生になってから英語で慌てないために【小学生】

こんにちは、教室長の丹下です。

小学校卒業まであと1か月と少しですね。

もうすぐ中学生になる6年生の方は、そろそろ中学の準備を始めようと思われている頃でしょうか。

今回は、「中学生になって英語が苦手になる理由とその対策」についてお話します。

中学生の勉強を見ていて、1番成績を上げるのに苦労するのは「英語」なのではないかと思います。

なぜでしょうか?

1番の理由は、スタートラインが大きく異なることにあります。

現段階では、英語の授業は中学生になって初めて本格的に始まります。

しかし、人によっては、小学校のころから英語塾に行っていたり、

早い子だと小学校に上がる前から英語を習い始める子もいますよね。

よって、中学で英語の授業が始まる時には、

すでに読み書きの文法の基礎ができている子、アルファベットはかろうじて書けるという子、全く書けない子…

とさまざまな状態の子がいます。

英語を中学前に習っていた子にとっては、中学の英語の授業は簡単に感じることでしょう。

ただ、習っていなかった子にとっては、わからないことが多すぎて相当大変に感じてしまうのです。

「アルファベットもまだ全て書けないのに、もう単語をこれだけ覚えないといけない…」

「文法が始まってしまった…」「私は全然分からないのにあの子はもう全部理解してるのか…」

 

英語は、スタートラインの時点で周りとの差を1番感じてしまう科目なのです。

周りとの差を感じることで、さらに強い苦手意識が生まれてしまいます。

初めてなのだから出来ない、わからないのは当たり前なのに。

こうなってしまうと勉強する意欲は低くなり、「もうやりたくない」となってしまいます。

こうならないようにするためには、小学校のうちに英語を勉強し始めることが1番です。

特にアルファベット大・小文字、ローマ字は全て書けるようにしておきましょう。

曜日や月、数字なども、書けたり見て意味が分かるようにしておきたいですね。

ローマ字表を、小さいころからトイレやお風呂場に貼っておくのも効果的です。

また、耳を慣らしておくのも非常に大切です。

英語のCDを聞いたり、ディズニーの映画を英語で見させたり、英語を身近に感じさせるような工夫が必要です。

文法も小学生のうちにbe動詞や一般動詞のdoくらいまでは一通り勉強できてしまうと良いです。

そのときはわからなくても1回触れておくというだけで、中学になって周りとの差を大きく感じずに済みます。

 

英語の勉強の遅れを取り戻すのには、思っている倍以上の時間がかかります。

授業のスタートと同時につまずいてしまうことがないように、今のうちから早めに準備をしましょう。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。

関連記事

  1. 中学にむけて今から何をやるべきか【小6】

  2. 英語の勉強には教科書を使おう。

  3. 中学生の君に

  4. 単語を覚える事が早い人、遅い人の違いとは?

  5. 小学校の英語が変わる!家では何をすれば良い?

  6. 夏休みも残りわずか!今から何をすれば良い?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

4月27日に代表石田の書籍が発売されます