家庭学習ができる子に~自主性・習慣化がカギ~

家庭学習をする子は、テスト勉強や受験勉強でも、志望校に入学したあとの勉強でも、強いです。

「うちの子も家庭学習をする子になってほしい」

「どうしたら家庭学習をする子にできる?」

今回は、家庭学習をする子にできるアプローチ方法を3つの異なる視点からお話します。

子ども自身がやるべきこと

家庭学習ができるようになるために、子ども自身がやるべきことは「家庭学習の枠組みを決める」です。

これには、自主性を引き出す効果がありますが、具体的には以下の2つです。

勉強時間を決める
目標を立てる

家庭学習をできるようにするためには、勉強時間を決めましょう。

問題数や勉強範囲で区切る方法もありますが家庭学習が習慣化できていないお子様には、時間で区切るほうが有効です。

また、目標を立てて勉強することも、家庭学習をするうえで重要です。

難しい目標ではなく、まずは簡単な目標を立てて、それに沿って家庭学習をするようにしましょう。

学習環境の変え方

なかなか家庭学習ができないお子様には、リビング学習がおすすめです。

家族が集う場所であるリビングでの勉強は、親も具体的なアドバイスや励ましをおくることができるというメリットがあります

また、すぐに勉強に取り組める環境を整えておくことも方法の一つです。

片づけてから勉強」というサイクルだと、勉強へのやる気を削いでしまう可能性や家庭学習へのハードルが高くなってしまいます。

勉強に必要のないものは周りに置かず、すぐに勉強を始められる環境を整えましょう。

家族で出来ること

お子様が家庭学習を苦に感じずにできるようになるために、家族でできることもあります。

家庭学習ができたら、採点をして褒め、勉強の楽しさを教えてあげてください。

また、お子様が家庭学習をしている時間は、親御さん読書・仕事・家計簿をつける」などをすると、なお良いと思います。

親子で取り組む内容は違いますが、お子様は一緒に勉強している・一緒に頑張っているという気持ちになります。

自分が勉強している間、親がなにをしているかが、子どものモチベーションにつながるのです。

「なかなか子供の勉強に付き合う時間が割けない」「いろいろ試したけど、上手く家庭学習ができない」そんなときは、オンライン塾の活用も有効です。

当塾でも、オンラインで個別指導をしていますので、お困りの方はぜひご相談ください

個人指導専門塾オンライン個別指導

家庭学習を習慣化できるよう、一緒にお子様のサポートしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 自分から勉強出来る子を育てるトレーニング方法①

  2. 自分から勉強出来る子を育てるトレーニング方法②

  3. 計画倒れしてしまうのはなぜ?達成のためのコツを紹介!

  4. 勉強する内容ってどうやって決めれば良いの?

  5. イライラしなくて済む子どもの叱り方①

  6. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

個人指導専門塾で成績が上がる秘密