新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 前半

こんにちは。個人指導専門塾の矢田です。

ご進学、ご進級おめでとうございます。

新しい環境が始まり、お子さんはもちろん、保護者の皆さまにとっても慌ただしく

どこかドキドキの続く季節ですね。

さて、今回は新しく中学校に進学された、新1年生のみなさんにお話をさせて頂きます。

新しい学校生活、とても楽しみですね。

中学生になり、やってみたいこと、頑張りたいこともたくさんあるかと思います。

その1つとして「部活」があるのではないでしょうか。

公立の中学では多くの生徒が部活動に入ります。

 そして、時間的にも多くを費やすこととなります。

 

私の住んでいる岡崎市は、少しずつ部活動の環境改善(教師の労働環境改善の目的から)が行われていますが、

既存の体質は大きく変わらないと言えます。

17時近くまで部活動に励み、急いでご飯を食べ、そのまま21時まで塾で学習、

その後自宅で宿題をやるというのが通常のペースとなります。

 

そんなの無理!と悲鳴が聞こえそうです。

そうなのです。部活でヘトヘトになって疲れて帰ってきて、

その後勉強時間を確保するのは、とても大変なことです。

 ですが、多くのお子さんは中学校1年生の初めからこのスケジュールで「部活と学習の両立」を行っています。

家庭での勉強は少し学校に慣れてから、また部活動のスケジュールが出てからと思っていた方は、要注意です。

この最初のスタートで遅れてしまうと、中学生活3年間が変わってしまいます。

では、どうやったら部活と学習の両立ができるのか?

それは、次回お伝えしたいと思います。

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。

関連記事

  1. 家庭学習の計画を立てるコツ

  2. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  3. 自主勉強の第1歩とは

  4. 数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

  5. 新しい学年になる前に(中学生)

  6. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 後半

個人指導専門塾で成績が上がる秘密