効果が出る!勉強時間を上手につくる方法

勉強時間を確保したいけど、上手につくれない」と悩むお子様や親御さんは多いかと思います。

勉強の効果は「勉強時間×勉強の効率」で現れます。

効率の良い勉強方法を知っていても、勉強時間が少なければ、なかなか結果が出にくいのです。

そこで、今回は勉強時間を上手につくる方法、お子様への声のかけ方やアプローチ方法についてお話します。

スキマ時間を有効活用

勉強時間をつくるときに「30分以上」「1時間以上」などのまとまった時間を想定している方、多いのではないでしょうか。

まとまった勉強時間も重要ですが、スキマ時間の利用も考えてみましょう。

例えば、「夕飯ができるまでのあと5分」・「お風呂に入るまえの10分」・「移動時間」など、少しの時間を有効に活用します。

とくに効果的なのは、暗記

暗記学習スキマ時間に行うほうが効率的です。

また、スキマ時間を「今日勉強したこと関連した問題をお子様に出してもらい、親御さんが答えるというゲームの時間にするのも効果的です。(例えば、夕食の配膳を手伝ってもらいながらだと助かりますよね!)

人に問題を出すと、記憶に定着しやすくなります。短いスキマ時間をしっかり有効活用しましょう。

朝・夜のゴールデンタイム

起床から3時間脳が最も働くゴールデンタイムといわれます。

さらに、朝の登校前の時間は、通学時間の制約があるからこそ集中力が増します。

一方、勉強をしてからすぐに寝ると寝ている間に記憶が定着しやすいという実験結果もあります。

寝る前の時間30分~を勉強時間にあてることも、結果を出す有効な手段です。

とはいえ、寝る時間を削るのはNGです。

睡眠不足は、集中力の低下や体調不足につながるので、睡眠はしっかりとるようにしてください

1日のスケジュールを立てる

1日のスケジュールを立てることで時間と行動を可視化し、無駄な時間を省くことも勉強時間をつくるのに有効です。

とはいえ、スケジュールの詰め過ぎは禁物。

お子様が立てたスケジュールに親御さんがアドバイスをし、一緒にスケジュール通りの1日が過ごせるようにしてみましょう。

日々、スケジュールを調整しながら繰り返すことで、上手な時間の使い方が分かるとともに、上手く勉強時間をつくることができるようになります。

 

勉強時間のつくり方・上手な時間の使い方は、社会人になっても役立ちます。

ぜひ上記の3つをお子様の勉強時間をつくる方法の参考にしてみてください

 

参考:【気づいたらうちの子…勉強してる!】著者 石田淳

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 冬休み前にやっておくべき下準備

  2. 新学年を迎えるにあたっての心構え(勉強のやり方の見直し)

  3. 子どもが家で勉強する方法、ご存知ですか?

  4. 受験生がこの冬やるべき勉強

  5. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  6. 面積・体積を求める問題が苦手な子へ!(小学生向け)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密