勉強のやり方が間違っているとどうなる?

よく体験に来られるときに
「うちの子は勉強のやり方が分かっていない」というのを保護者様から相談されます。

勉強のやり方が分かっていないならまだしも、間違ったやり方が身に付いていたとしたら
それは将来的に確実に勉強嫌いな子供になっていきます。

なぜかというと、やってもやっても成果が出ないからです。

行動科学で「行動自発率」という考え方があります。

人はR+(プラス)の人とR-(マイナス)の人とに別れます。

R+の人は、〇〇したい、やりたい、という主体的な人。

R-の人は、〇〇しなければならない、言われたから仕方ない、というやらされ感が強い人。

勉強をやらない、嫌いというお子様はこのR-に属します。
実際ほとんどのお子様が勉強に関してはこちらに属します。

 

では我々塾講師、もしくは保護者様が何をやらないといけないかというと、
R-の人をいかにR+にするかということです。

つまり「勉強やりたくない」から「勉強やりたいな」「勉強って楽しいな」と思えるようにすることです。

その時に注意しないといけないのは、やる気とか根性とか能力は関係ないいうことです。

では、何をしないといけないのか?

「間違った勉強のやり方」を「正しい成果につながる勉強のやり方」に切り替えるということが必要です。

最初から成績をあげたくない子はいません。

「次のテストこそは」と思っていたのがいつの間にか、自分には無理だとあきらめが入っていきます。

ここで正しい勉強のやり方が重要です。

間違った勉強のやり方を繰り返すとどうなるのか?

例えば、間違った勉強のやり方の代表的なものは、間違えなおし。
特に多いのが、答えを写しているだけ。

他にも単語を何回も書いているけど、本当に書いているだけ。

これらをどれだけやっても当然成績に繋がりません。

問題なのはここからです。

本人は本気で勉強を頑張っている・やっている、と思い込んでいます。
でも努力しても成績に繋がらないので、いずれ「どうせやっても無駄…」といって行動量が減っていきます。
そして本当の勉強嫌い、やりたくないに変わっていきます。

人は行動したことが、ちゃんと報われたり、小さくてもいいので達成感を感じるという経験をしないと、
行動を継続することはできないんです。

そのために必要なのが、正しい勉強のやり方です。
勉強のやり方は人によって変わります。
必要な量も変わります。

それを
その子その子に的確に見つけてあげて、その行動を繰り返すことで、
正しく成果が出て報われ感・達成感を得ることができる。
だから行動を継続する。

そこが善循環の始まりです。

もし、やってもやっても成果が出ない、ということであれば、勉強のやり方が間違っているかもしれません。

怖いのは「ぼく(わたし)はやっても無駄」と思い始めてしまうことです。
そうなる前に、勉強のやり方の見直しをしていきましょう。

投稿者プロフィール

松田新士
松田新士
個人指導専門塾 統括長

行動科学マネジメント検定1級取得
20年教育業界に携わり自身としても現場で
1,000名以上の生徒に対し、
行動科学を導入した個人指導を実践。

現在はその中で構築したノウハウを広げるため、
講師の人材育成中心に活動。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 春休み、これをやれば良いスタートダッシュがきれる!【小学生】…

  2. 理科って本当に“暗記科目”ですか?

  3. 小学生のうちからできる中学準備

  4. 苦手な理科と社会のテストで合計37点UP!「逆さ暗記法」の成…

  5. 小学生のうちからできる中学英語準備

  6. 勉強を続ける方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。