どうやったら勉強を諦めずに頑張ることができるようになるのか

こんにちは、個人指導専門塾の丹下です。

冬休みが始まり、1 週間ほどが経ちました。

お子さんは学校の宿題を順調に進められていますか。

この時期、「あと 3 か月ほどで新学年になるし、現学年の総復習や逆戻りをさせたい。けどうちの子はもう勉強をあきらめている…」と感じている保護者様もいらっしゃるかもしれません。

そんな方に、今回は「どうやったら勉強を諦めずに頑張ることができるようになるのか」をお話しします。

勉強を諦めてしまっている子の特徴として、勉強に対する自己効力感が低いということがあります。

自己効力感(セルフエフィカシー)とは、「ある課題や行動を自分が達成・遂行できるか」に対する自信のことです。

例えば「私は数学が 80 点以上取れる!」や「小テストに合格できる!」などの認識が自己効力感にあたります。

自己効力感が高くなると、難しい課題に対しても積極的に行動したり、失敗してただ落ち込むのではなく、次の一手を考えるようになります。

勉強に置き換えれば、難しい問題にも果敢に挑戦したり、わからない問題に直面しても、そのままにせず、どこが違っていたのか考えるようになるということです。

お子さんにもこうなってほしいですよね?

では、どうすれば自己効力感を高めることが出来るのでしょう。

それは、

① 小さな目標の達成を繰り返す
② 成功している人の話を聞く

です。この2つを試してみましょう。

中 2 の K さんは、学校の授業についていけない日が続いていて、「自分は勉強はできない」「やってもムダ」とあきらめてしまっていました。

そこで私は、「少し頑張れば達成できる目標」を細かく立てていきました。

「来週までにここの問題ができるようになろう」「次のテストは 5 点アップを目標にしよう」

など、これだったらできるだろうという小さな目標を細かく立てていきました。

その目標に K さんは「できるかな…」と不安になりつつも、私は「できる!」と声をかけ続け、1 つ 1 つ達成していきました。

小さな成功体験をたくさん積んだことで、今まで授業中もわからないからと寝てしまっていたのが、とりあえずノートを取り続けるようになりました。

また、「K さんと一緒で○○ができなかった子も、これを続けたらできるようになった」と、同じ苦手を抱えている子でも克服できたという話を、目標を立てるたびに伝えていきました。

問題をひとつづつクリアしたり、今まで聞こうとしていなかった授業にちゃんと参加するようになったKさん。

行動が改善されていき、次第に成績もあがっていきました。

大事なのは、成功体験を積ませることです。

小さな目標をたくさん達成させ、達成できたことを褒めてあげることを徹底していきましょう。

それがお子さんのモチベーション、自信につながるはずです。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 勉強のモチベーションを維持するための褒めるタイミング

  2. 勉強嫌いな子どもをやる気にさせる一言とは?

  3. 春休みに出来る中学準備と声かけのコツ

  4. 自己効力感を維持する2つのポイント

  5. 今から次の学年になるまでにやっておきたいこと(低学年)

  6. 子どもが行動を起こすには何が必要?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。