子どもが勉強できているか、どうやったらチェック出来るの?【小学生】

こんにちは個人指導専門塾の柵木です。

夏の暑さもどこへやら、すっかり秋らしい気候となりましたね。

学校ではイベントもたくさんあり、やるべきことに追われがちな時期です。

そんなときに気になるのが、勉強の習慣がついているかどうか。

特に小学生にありがちなのが、勉強は「時間ができたらやる」というパターン。

小学生のうちは忙しいと言っても時間があることが多いのですが、行事が重なったりすると何となく忙しいような気がして、そのうち勉強が後回しになります。

そこで作成してほしいのが「行動習慣シート」

言葉は大仰ですが、簡単に言えば「毎日の行動をチェックして習慣にしていこう」というものです。

 

歯磨きの習慣をつけるとき、みなさんはどうしていましたか。

私の家では、歯を磨いたら必ず子どもが見せに来て、磨けているかどうかチェックしていました。

チェックしたら「毎回良く磨けたね」と褒めてあげます。

そのうちチェックしなくても磨くのが習慣になっているので、いちいち言わなくても、自分から毎日歯を磨くようになります。

勉強も同じです。

例えば漢字が苦手なら、「1 日 3 つ漢字を練習する」という行動を決めて、毎日チェックしていきます。

ただ、懸念すべき点としては、もう親がいちいちチェックしていられないということ。

ただでさえ働いていて忙しいのに……という方もいると思います。

そのため「行動したことを視覚的にチェックできるシート」を作成して、いつでも子ども自身がチェックできるようにします。

習慣にしたいことを事前に一緒に決めて書いておき、それができたら○をつけるといった具合です。

この場合、別にチェック者は親でなくてもいいです。セルフチェックさせるのがベストです。

子どもとしても自分がやった行動を客観的に見ることで自己評価ができます。

例えば、日付に○をつけていくようなシートを作成します。

自分で自分を褒める形になるので、◯が続くと「今日も◯をつけたい」と思います。○が埋まっていくことで行動へのモチベーションが上がります。

褒めるときは目に見える形であるのが良いです。

もちろん初めから完遂できる子はいません。

ときどき保護者の方がチェックしてあげるのも良いでしょう。そして褒めてあげてください。

習慣として身に付けば、余裕のない時にも最低限のことができ、さらに余裕のある時は+αのことができます。

まだ余裕があるうちに、先を見据えて、勉強の習慣づけをしていきましょう。

投稿者プロフィール

柵木
柵木
柵木 康弘(ませぎ やすひろ)
得意科目は、数学と理科です。
矢作、百々西教室を担当しています。

日々、子どもたちの良い所や成長を見守り、たくさんほめてあげたいと思っています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 次の学年に向けて今から出来ることは何?

  2. 保護者の方に知ってほしい「生きる力」

  3. 中学校3年生がこの一年でするべきこと

  4. 集中力を持続するための簡単な方法

  5. 自主勉強の第1歩とは

  6. GWの後から心がけるべきこと(中1向け)

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。