なかなか勉強しない子どもにどうやって声をかければ良い?

こんにちは、個人指導専門塾の田中です。

突然ですが、お子さんに「勉強しなさい!」と言ったことはありますか。
そして、それで素直に勉強してくれたことはどのくらいありますか。

おそらく、素直に聞いてくれない、という経験の方が多いのではないでしょうか。

皆さんが子どもの時に、親から「勉強しなさい」と言われて、うるさいなぁと思ったことがあるように、
あなたのお子さんもそう思っているはずです。

しかし、親としてはきちんと勉強させたいですよね。

そこで今回は、「子どもが勉強しない時に、有効な声掛け」についてご紹介致します。

そもそも、子どもはなぜ勉強をしないのでしょうか。

実は、理由は2つしかありません。

・勉強のやり方がわからない。

・勉強の続け方がわからない。

たったこれだけです。
この問題を解決できれば、子どもは自分から勉強することができるようになります。

 

特に、勉強の続け方を知っているかどうかは、注意深くみていく必要があります。
(勉強の続け方についてはこちらも参考にしてください。→「勉強を続ける方法」)

勉強に限らず、ひとつの物事を続けるということは、簡単なことではありません。

ただ、子ども自身が勉強の続け方を完璧に理解出来なくても、周りの大人が応援できることもあります。

例えば、
「将来の話をする。」

私たちが、将来を具体的に想像するのが難しいのと同じで、子どもにとってもそれを想像することは難しいことです。
そこで、「思い出話」を話してあげましょう。

今の職業に就くまで、どんな努力をしたか。
生活や仕事の中で、勉強はどう役立っているか。
どんな理由で高校や大学を選んだか。

などです。

堅苦しい話は必要ありません。

子どもにすごいと思わせる必要もありません。
お説教というより世間話をするような感覚で話すと子どもも肩の力を抜いて素直に聞いてくれるでしょう。

そして、
「テストで取った点数を否定しない。」

頑張った結果がこの点数かもしれません。

テストの点数を否定してしまうと、「頑張っても怒られる→勉強嫌い!」となってやる気を失います。
がんばりを褒めたあとで、どうしたらいいかを考えるよう促しましょう。

「何時から勉強する?」「今日は何をするの?」という声がけは、子どもに勉強を意識させるために有効です。

また、「何かしないといけないことあったかな」と振り返る意識を持たせます。

 

あなたの子どもが小学生くらいなら、ゲーム性を持たせるのも有効です。

例えば「今からお母さん洗濯物畳むけど、どっちが早いか競争ね!」などです。
やっていることは勉強ですが、楽しむ気持ちが湧きますし、集中してくれます。

解くスピードも速くなるので一石二鳥です。

 

このように関わり方次第で、子どもの行動を応援してあげることが出来ます。
トンビが鷹を生むという言葉がありますが、親の育て方次第で子どもはトンビにも鷹にもなります。

今一度、お子さんとの向き合い方を考えてみてくださいね。

投稿者プロフィール

田中
田中
田中 真司
得意科目は、国語と英語です。
趣味は卓球と読書。
池上台教室を担当しています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. タイマーを使って勉強してみよう

  2. GW後の差 中学生③(体験談)

  3. 効果的な復習のタイミング

  4. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  5. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  6. 記憶のメカニズムをもとに効率的に覚える方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。