勉強が難しくなる2学期。勉強のやり方を見直そう!

こんにちは、教室長の丹下です。

休み明けのテストも終わって、授業も再スタートしている頃かと思います。

2学期は行事ごとも多く、さらに10、11月はテストが続きます。

そこで今回は「10月以降のテストに備えて、9月中に勉強のやり方を見直そう」をテーマにお話します。

「休み明けでまだ勉強にあまり身が入らない」という子は多いのではないでしょうか。

2学期はどの学年も勉強がぐっと難しくなります。

特に、数学・英語は文章問題など応用に入っていきます。そのため、授業を一度聞くだけで理解するということが難しくなります。

そうなってくると、

  • 授業がわからない
  • →わからないから授業を聞かなくなる、ノートをとらなくなる
  • →宿題がわからない
  • →テキトーにやる、写すだけ

この繰り返しになってしまいます。

こうなってしまうと、どんどん取り返すのが難しくなってしまいます。

そうならないために、必ずやってほしいことが3つあります。

①「わからなくても」ノート(板書)は必ず書く

②「わからなくても」宿題は必ず自分の力でやる

③わからないことはその日のうちに誰かに聞く・調べる

授業中、「聞く」だけでなく「書く」ことで、より記憶に残りやすくなります。

わからなくても「こんなことやった気がする」「なんか聞いたことある」という記憶を積み重ねていってほしいのです。

そうすれば、逆戻りをしたときに吸収しやすくなります。

また、書いてみることで急に理解できるということもあります。

また、授業で理解できたかどうかを判断するのが「宿題」です。

それをどこまで自分の力でやれるか、が大切です。

「自分の力」でというと、教科書や解説を見ずに分かるまで考えることだと思う方もいるかもしれません。

ですが、それでは分からない問題がある度に時間がなくなってしまいます。

分からない問題があったら、「自分で調べる・自分でまとめる」ことが大切です。

その行動をしたかどうかで、その問題の定着度が変わります。

授業で曖昧だったことが、もう1回宿題でやることでスッキリすることもあります。

 

そして、どれだけ調べても、考えてもわからないというときは、友だちや先生に頼りましょう。

大事なのはわからないことを「溜めない」ことです。1つずつコツコツ解決していきましょう。

成績が下がりやすい2学期。気づいたらついていけなくなってしまった…ということがないように、今から手を打っておきましょうね。

投稿者プロフィール

丹下
丹下
個人指導専門塾教室長の丹下です。
得意教科は英語です。文法の勉強が特に好きです。
趣味はスポーツ観戦です。球技全般好きで、毎日スポーツニュースのチェックは欠かせません。
生徒たちにはわかること、できることの楽しさを味わってもらいたいです!そのお手伝いを少しでもできればと思います。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 習慣を身につける方法、教えます!

  2. タイマーを使って勉強してみよう

  3. ノートまとめのやり方(英語)

  4. テストは受けたあとが大事!テスト後にするべきこと

  5. 方眼ノートを使って成績アップを狙おう

  6. 自分から勉強出来る子を育てるトレーニング方法②

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。