学年末テスト対策 暗記科目対策

こんにちは、個人指導専門塾の岡田です。

2018年がスタートしてから、早いものですでに1ヵ月半が経ちましたね!

生徒一人ひとりが「今年の目標」を決めて教室が活気づいています。

そして、1ヵ月半経った今でもその意気込みを維持できている生徒たちは

本当に素晴らしいと思います。

 

さてこの時期、中学生の皆さんは学年末テストがありますよね。

1年生の皆さんは、初めて挑戦するこの学年末テストですが、

そのための対策や準備は順調でしょうか?

学年末テストは、その学年の1年分の語句・単元がまとめて出題される分、

早い段階からより計画的な学習が必要になってきます。

その中でも、毎年この時期に、中学生の生徒さんが苦戦しているのが暗記科目です。

なぜ苦戦してしまうのか?それは・・・

⇒1年分の暗記した知識を引き出す必要がある

⇒そこであいまいなキーワードや専門用語が出てくる

⇒さらに似たような語句・単語に出くわすと、語句の内容が混同してしまう。

⇒よって、細かな判断が求められる選択問題でミスをしてしまう

といった事に陥りやすいように感じます。

特に、この「語句・単語の意味が混同してしまう」ことは特に克服したいですよね。

 

そこであいまいな語句・単語を整理してしっかりと使い分けるために「逆さ暗記法」という勉強方法を実践してもらいたいと思います。

やり方として、下記のように取り組んでいくと良いです。

  1. 教科書やワークで出てきた分からない語句・単語をマーカーペンで線を引く。
  2. そのページで線を引いた語句・単語を、ノートの左半分に1行につき1単語で書き並べる。(その際にノート右半分に折り目を付けておくと良いです。)
  3. 折り目を付けた右側のスペースに、その単語の特徴や性質の説明を書く。
  4. 説明部分を隠して一度読んで暗唱⇒その後、紙を別で用意をしてそこに書いて説明。
  5. 間違えたら、その箇所に線を引く。
  6. 正解するまで①~⑤を繰り返す。

 

この方法をテスト2~3週間前に繰り返し進めてみましょう

そうすることで、今までの覚えてきた知識の整理ができる上に、記述問題にも対応できるようになります。

この方法を活用して、ぜひ暗記科目で点数アップを狙ってみてください!

関連記事

  1. 「苦手の克服」のために本当に必要なこと②【トレーニング編】

  2. ノートまとめのやり方(英語)

  3. 小学生のうちからできる中学準備

  4. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  5. 苦手な理科と社会のテストで合計37点UP!「逆さ暗記法」の成…

  6. 英語が『大っ嫌い』から『大好き』になった女の子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密