効果的な「ほめ方」「叱り方」

こんにちは。個人指導専門塾の渡邊です。

今週から金曜日は「テーマ」にそって4回にわけてお話していきます。

6月のテーマは

「褒める」と「叱る」についてです。

 

よくある保護者の方からの相談で

・言うことを聞いてくれない

・先生の言うことは聞くのに、親の言うことはきかない

・どうしても家で怒ってしまう

というものがあります。

よくよく聞いてみると「褒める」「叱る」の使い分けができていないように感じました。

 

褒める」と「叱る」には

それぞれ使うべき場面と効果が異なります。

それを使い分けすることで

保護者の方の言葉にも耳を傾けやすくなります。

 

ではそれぞれの効果を確認していきましょう。

「叱る」ということには一般的に

やってはダメな行動や禁止したい行動をした時に効果的と言われています。

つまり、「叱る」のであればやめてほしい行動に対して言うことが良いのです。

例えば

おこさんが学校の宿題をやらないとき

どうしても「宿題やりなさい」と強く言いいたくなってしまいますよね。

 

しかし、その声かけでは効果的ではありません。

宿題をやらないのであれば宿題をせずにしていることをしかるべきです。

 

「勉強しなさい」ではなく、

「テレビを見るのをやめなさい」というのが具体的な声かけがよいでしょう。

 

行動科学的に「叱る」は間違いと正す意味合いがあります。

大人でも否定的は言葉でやる気になるなんてことはそうそうありません。

否定的な言葉ではなく、その行動は間違っていると教えることが大切です。

 

では「叱る」の反対「褒める」にはどういった効果があるのでしょうか。

 

「叱る」と反対に「褒める」には

良い行動や続けて欲しい行動をしたときに効果的と言われています。

 

例えば「勉強したら?」とすすめて

本当に勉強した・宿題をやったというときに

「宿題やったんだね。えらいね」と声かけをすることが大切です。

宿題をやる・机に向かって勉強をするという良い行動を褒めることによって

それが習慣に繋がるよう強化することができます。

これを行動科学でいうとリインフォースと言います。

 

そして「褒める」際に重要なのは

その良い行動をしたらすぐに「褒める」ことです!

行動科学には「60秒ルール」というものがあり、

60秒以内に褒めるとその行動の継続率が上がると言われています。

保護者の皆さんも声かけする際に、

・ここは叱るところなのか褒めるところなのか

・叱るなら何をやめさせたいのか

を考えて声かけをしてみるといいですよ!

 

来週の金曜日もこのテーマでお話していきます。

次回は「褒める」についてより詳しくお話していきます。

関連記事

  1. 国語の“苦手”を見極めよう!①

  2. 「苦手の克服」のために本当に必要なこと①【ピンポイント行動編…

  3. 数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

  4. どうやったらやる気は出るのか?

  5. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  6. 新学年が始まった今、必ずやってもらいたいこと!

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加