国語の勉強ってどうして大切なの?

こんにちは、個人指導専門塾の吉田です。

 

平成29年も終わりに差し掛かっていますね。

“平成”であるのも残りあと1年となってまいりました、考え深いものですね!

 

 

今回からは4回にわたって、

国語の勉強の大切さ」や、

国語の勉強方法」について

お話していきたいと思います!

 


 

まず1回目は「なぜ国語の勉強は必要なのか」についてです。

 

 

国語の勉強とは様々なものがありますが、

例えば読解問題(小説、説明文、随筆)、古典、

漢文、日本語文法、漢字・・・

 

このように細かく分類していくと

いろんな種類に分かれていきます。

 

なぜ日本人なのに国語を勉強するのだろう。

なんだかんだ言って国語なら、勉強しなくていいでしょう。

 

子供たちだけではなく、おうちの方からも

こういった国語を軽視しがちな言葉をよく聞きます。

 


 

しかし、よーく考えてください。

これから先長い人生、一番目にするだろう言葉は…日本語です。

 

 

↓お子さんがこのような状態だったとしたら、、、

・相手の言っていることが飲み込めない(文章の要約が出来ない)

・うまく相手に伝えられない(文章の作成ができない)

・文章を一人で読めない(文章の読解力がない)

 

さて、どんな大人になるでしょうか。

想像しただけでハラハラしてしまいませんか?

 

 

もちろんこれは遠い先のお話ですが、

近いところでいうと

 

・一人で問題の解説が読めない

・相手にうまく説明することが出来ない

・文を読んで、何が言いたいのかわからない

 

こういった形で、国語の苦手は顕著に出るのです。

こうなってしまったら…

数学の勉強やら英語の勉強やら言っている場合ではありません!

 

 

全ての教科は日本語で書かれています。

そのことを踏まえると、国語力がなかったら

全ての教科に悪い影響がでてしまうのです!

 

今回のブログを通じて、

国語の大切さについて、改めて考えていただけると幸いです。

 

 

大人になったら当たり前にできることも、

全ては小さな積み重ねの成果ですからね。

今のうちに国語力を伸ばしていく学習を行いましょう!

 

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。

関連記事

  1. 小学生でやっておくべき!中学英語の準備方法

  2. 読書をより“勉強”につなげてみよう!

  3. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  4. 国語の“苦手”を見極めよう!①

  5. GWでやること④

  6. 今から次の学年までにやっておきたいこと(高学年)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密