「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

こんにちは。個人指導専門塾の三井です。

 

今回は、前回に引き続き『読書』についてお話ししたいと思います。

 

私の教室で保護者様とお話をするときに、

よく『子供の読書』についての質問や悩みを伺います。

 

その中でも1番多いのが、

うちの子は本を全く読まないんですが、どんな本から読ませたらいいですか?」という質問です。

 

 

今回は、この質問についてお答えしていきたいと思います。

 

まったく本を読まない子には、こちらから本を薦めるのではなく、

まずは子どもに好きな本を選ばせてあげましょう

 

確かに大人の立場からしたら、子どものうちに読んでほしい本はたくさんあると思います。

ですが、みなさんも子供のころに経験があると思いますが、

大人からおしつけられたものってすごく抵抗がありますよね笑。

 

本によっては難しすぎて読めなかったり、読んでも理解ができないということもあります。

ですので、まずは簡単な本でもかまいません。

お子さまの自主性に任せて、図書館や本屋に一緒に行って自分で選んでもらいましょう。

 

「ハードルを下げすぎでは?」と思うかもしれませんが、

本を読まない子に対しては「読む本の内容」よりも「本を読むという行動」に

まずはスモールゴールを置いてほしいのです。

 

ですので、いきなり難しめな本を義務感大人からの強制でしぶしぶ読ませるのではなく、

本に触れ本に親しんでもらうところから始めましょう。

そうすることで、『読書=親が言うから嫌々読むもの』から、

読書=楽しく読むもの』という意識に繋がり、習慣化につなげやすくなります。


 

また、ほんとうに本を読まない子には初めはマンガからでも構わないと、

私は保護者さんにいつも伝えています。

というのも、マンガも悪いことばかりではなく、良いところがたくさんあるからです。

 

 

確かに、絵がメインで文字はセリフばかりのマンガだと、

前回お話しした「文章から情景を思い浮かべる想像力の向上」には繋がりにくいです。

 

ですが、マンガで出た漢字をしっかりと覚えられていたり

(このパターンは生徒と接していると非常に良くあります)、

ストーリーをおったり登場人物の心理を読み取ろうとするなど、

頭はしっかりと使っているのです。

 

ですので、読書の習慣化への第一歩として、

読書のハードルを下げるという意味でもマンガは悪くないと思います。

ぜひご活用ください!

投稿者プロフィール

三井
三井
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。 得意科目は英語です。 趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞で、洋楽や洋画を通して英語を好きになっていきました。 子供たちがよく持つ『勉強=苦痛』というイメージを少しでも変えられたらと思います。 まずは「勉強ってそんなに嫌なものじゃないんだ!」という事を知ってほしいです!

関連記事

  1. 自学自習に大切なことは?~目標を決めよう~

  2. GWでやること④

  3. 自分の弱点・苦手を見つけよう

  4. 学年末テスト対策 暗記科目対策

  5. 検定試験を受ける理由は?

  6. 目標は立てるだけでは達成しない???

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加