私立入試直前!~受験生がするべきこと~【受験生】

いよいよ私立入試本番が近づいてきましたね。

今回は、私立入試直前に受験生がするべきことについてお話します。

 

最後まで諦めない

入試本番直前になると、「どうせ今からやっても間に合わない」「模試で判定が良くなかったからダメかもしれない」と、諦めモードに入ってしまう方がいます。

しかし、模試の結果で合否が決まるわけではありませんし、本番まで少しでも時間があるのであれば、出来ることは残っているはず。

模試で間違えた問題や過去問題の見直しなど、最後まで諦めず、真摯に出来ることに取り組みましょう。

「大切なのは、実力を発揮することである」ということを知ること

入試本番はだれしもが「ちゃんと出来るかな」と不安になったり緊張したりしますよね。

しかし、実力相応の志望校を選んでいて、倍率の高い学校を受験する場合、むやみに不安になる必要はありません。

実は、同じ学校を受験する生徒の実力にはほとんど差がなく、約6割は同じような力を持った「中間層」だと言われています。

大切なのは、本番でいかに実力を発揮出来るのか、です。

いつも通りの勉強と生活を

では、本番で実力をきちんと出し切るにはどうすればいいのでしょうか。

一つのポイントは、「いつも通り」生活をすることです。

本番直前になると、焦りや不安から新しい問題集を見たり、夜遅くまで勉強してしまう方がいます。

しかし、いつもと違うことをすると余計に緊張してしまうもの。勉強も生活も「いつも通り」を心がけましょう。

今までに間違えた問題や過去問題は、得点につながる可能性が高いポイントです。直前までしっかりと見直しましょう。

また、夜遅くまで勉強して生活サイクルを乱すことのないように、気を付けてください。

本番で集中して問題に取り組むには、体調をしっかり整えておくことが一番大切なポイントと言っても過言ではありません。

いかがでしたか。

不安や緊張はだれにでもあるものです。

ある程度の緊張は仕方のないことと割り切って、自分のペースを大切に、集中して本番に臨んでくださいね。

皆さまが実力を発揮出来るよう、応援しています。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 志望校合格判定Dだった私が見事合格!その方法とは?

  2. この時期、塾ではどんな勉強をしているの?【冬休み】

  3. 公立受験本番直前!1週間前にできること

  4. 私立単願だけど学校の授業はちゃんと受けるべき?

  5. こどもの『読書の大切さ』について考えてみよう

  6. 学年末テストと受験勉強、どっちが大切?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密