受験生のお子さんを持つ保護者の方必見!Q&A

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

夏休みは目前です。

受験生にとっては勝負の夏です。

そこで本日は、保護者の方から寄せられる御質問にいくつかお答えしていきます。

是非、御参考にして頂ければ幸いです。

<質問1>

この時期になっても、受験生の自覚がありません。

どうしたら、自覚を持つようになりますか。

<回答1>

そもそも受験生の自覚のある行動とは何でしょうか。

自分から勉強する、宿題以外の自主学習が増える、以前より遊びの回数が減る・・・

いろいろな要素が集まって、周りはその子に「受験生の自覚がある」と判断するのでしょう。

過去の記事には「受験生の自覚」のある行動を応援するためにどんな声かけをすれば良いのか紹介しているものもあります。ぜひ参考にしてみてください。(「テストが終わったらできること、保護者の方ができること」「家で「宿題以外の勉強」をやらせるにはどうしたら良いの?」)

また、「これは本人次第なので。」とは私たちは言いません。

重要なのは最終ゴールを決めることです。(志望校はもちろんですが、将来、どのようになりたいか。など)

「よりこの高校に行きたい。」と思わせるために高校見学に積極的に行くのも良いですね。

そして、これは子どもによりますが、周りが受験勉強を本格化させてくると、自然と焦ってくる場合もあります。

これは例年、夏休み中に起こってきます。

動じない子に対しては「なぜ、勉強するのか。」「なぜ、受験するのか。」を理解するまで伝えるのも、その子の勉強の助けになるでしょう。

<質問2>

勉強はやっているんだけど、成績が伸びない。

<回答2>

これは勉強のやり方を見直すことです。

「見直す。」と言っても何をやれば良いのか分からないかもしれません。

ポイントは「確認」です。

間違えた問題のどこを間違えているのかを「確認」し、解き直し、自分自身で理解できているか、覚えているかをセルフチェックするのです。

本当にやっただけになっていたら現状は変わりません。

「覚えたら、確認。」これの繰り返しです。

受験はこの夏、本気で取り組んだ子だけが成長します。

そのくらい、受験生にとってこの夏は大事です。

不安になることはあります。

そういう時こそ、自分を信じられるようになるまで勉強することです。

そして勉強させるため」の働きかけも大切ですが、

子どもが不安定になっているとき近くで応援してあげられるのも保護者の方々です。

ぜひ、二人三脚で、時には学校や塾の先生と三人四脚で、ゴールに突き進んでいってほしいなと思います。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. ゴールデンウィークでやること①

  2. 【成功事例】プラスαの家庭学習方法

  3. 「基礎力」「継続力」をつけるには

  4. 習慣を身につける方法、教えます!

  5. 夏休みにどのくらい勉強するべき?~どうして夏休みが大切なのか…

  6. 保護者の方に知ってほしい「生きる力」

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。