【中学1年生向け】受験・進路選択にむけて親が知っておくべき&やるべきこと

中学1年のみなさんは、再来年に進路選択や受験を控えていますね。

まだもう少し先ではありますが、今のうちに親が知っておくべきこと、やるべきことをお話ししたいと思います。

進路は早めに考え始めるのがおすすめ

2年生になると1年生のときよりも部活が忙しくなるケースが多く、時間の確保が難しくなります。

慌ただしくなってしまう前に、進路は早めに考え始めるのが吉です。

志望校の決定までは必要ありませんが、進路選択や受験を視野にいれておくと良いでしょう。

自主学習の習慣化

中学校に入学して半年以上が経ち、お子様は家庭学習・自主学習を習慣化できているでしょうか。

日々の自主学習は、受験勉強をする際に大いに役立ちます。

3年生になると受験勉強をスタートさせることになりますが、そのときに自主学習が習慣化できていないと、思うように勉強がはかどらないことも。

自主学習を始めてみると分かるかと思いますが「何を勉強すれはいいか分からない」「どのように勉強すればいいか分からない」といった壁に出会うケースがよくあります。

受験勉強スタート直後にこのような壁に悩むと、焦りを感じて勉強自体がストレスになる可能性も。

スムーズに受験勉強を始められるように、今のうちに自主学習の習慣化をしっかりとしておきましょう。

子どもの考える「未来」を少しずつ聞き出す

将来の夢を問われて、はっきりと「これになりたい!」といえるお子様は実際少ないもの。

とはいえ、どの教科が好きなのか、どんなことを勉強したいのか、自分の得意なこと、についてはなんとなくでも分かっている子も。

「将来就きたい職業」とピンポイントで聞くと答えに困るかもしれませんが、「得意」や「好き」を聞き出しつつ、それに当てはまる職業にはどのようなものがあるのか、どのような学校に行けば学べるのか、を提示してあげることはできます。

また、親御さんがお子様の良い所・特技などを見て、どういった学校・どういった職業が向いているかアドバイスすることもできるかと思います。

 

「再来年には受験だよ」とお子様に言ってしまうとプレッシャーになってしまうかと思いますが、「受験」といったワードを出さなくても、少しずつ未来を見据えて準備していけると良いですね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 英語の勉強には教科書を使おう。

  2. 家に誰もいなくても、子どもがひとりで勉強できるようになる仕組…

  3. 夏休み前の準備が重要!~習慣・環境・基礎力~

  4. 「本を読む習慣」を身に付けるための“動機づけ”とは?

  5. 勉強できない!?問題点を解決して学習習慣を身につけよう!③

  6. 【中学生向け】夏休み明けの定期テストに向けて③

個人指導専門塾で成績が上がる秘密