受験期に保護者にしてもらって嬉しかったことベスト3

受験の時期、お子様は焦りを感じたり、プレッシャーを感じたりしています。

そんなお子様のために親ができることとして「受験期に保護者にしてもらって嬉しかったことのベスト3」を今の高校生や大学生の方に聞いてみました。

1.努力を認めてくれた

受験生が保護者の方にしてもらって嬉しかったことの1位として「努力を認めてもらう」というのが挙げられました。

具体的には、努力しているのをちゃんと見てくれていることや、それを褒めてくれることです。

お子様は、褒められると嬉しく感じるのはもちろん、さらに頑張る意欲が湧きます。

とくに意識していただきたいのは、「行動を褒める」ということ。

結果ではなく、努力しているという行動を褒めるのです。

受験勉強は、すぐには結果が得られません。なぜなら、合格発表まで結果がわからないからです。

そのように、結果がすぐに得られないことは努力を続けづらいのですが、親御さんに努力を認めてもらうことで、モチベーションが長続きします。

2.信頼して任せてくれた

また、「信頼して任せてくれる」というのも、お子様にとって嬉しいポイントです。

信頼というのは、認められている証でもあります。

認める⇒信頼する⇒任せる

といった仕組みですが、お子様は信頼して任せてもらえるからこそ、のびのびと自分が思うように努力をできます。

親御さんとしては、お子様の成長や成功を願うからこそ、細かなことにもアドバイスしたり、助言をしたくなりますよね。

受験生の親御さんの心配も尽きないことと思います。

しかし、心配をお子様には見せずに、お子様を信頼して任せてくれる親御さんの姿が、お子様に自信や勇気を与えているのです。

3.食事や送り迎えなどの生活面でのサポート

お子様が、嬉しかったことは勉強面だけではありません。

塾の送り迎えや温かい食事・健康的な食事の用意など、生活面でのサポートも、お子様にとっては「嬉しいこと」なのです。

絶対的な味方であり、いつもそばにいてくれて、さまざまな面で協力してくれる親御さん。

そっけない態度だったとしても、じつは感謝の気持ちを持っています。

 

受験はお子様自身が立ち向かう試練ではありますが、親御さんのサポートがかかせません。

今回の記事を、ぜひ受験生のサポートの参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【受験生必見】受験校を決めるコツを紹介!

  2. 受験生の勉強意欲を掻き立てる、保護者がしっておくべき励まし方…

  3. 私立入試直前!~受験生がするべきこと~【受験生】

  4. 中学生を褒めるときに知っておくべき有効な方法

  5. 一年前、受験に向けて先輩たちは何をやってた?【新中3】

  6. 令和3年度の高校入試はコロナでどう変わる?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密