勉強、生活・・・子どもが良い習慣をつけるために家族でできること

こんにちは、個人指導専門塾の坂口です。

新年が始まり 1 ヶ月が経ちます。早いですよね。
新年に立てた行動目標は、日々の生活に落とし込むことが出来ているでしょうか。

良い行動の習慣がついていれば生活は豊かになり、悪い行動の習慣のまま生活していると、
何も前進することなく日々が進んでいってしまいます。

「人は習慣の生き物」と言われるくらいです。

ぜひ、小さな習慣こそ大切にしてくださいね。

良い習慣を取り入れるコツは、「行動と時間をセットで決める」です。

例えば、「家庭学習をする」という行動習慣をつけたい場合、一緒に

・「いつ」(例:学校から帰ってすぐ、夕ご飯を食べた後、夜歯を磨いた後)

・「どのくらい」(例:10分、5問、2ページ)

を決めるのです。

時間を決めないでいると、結局やるべき行動を後回しにし、だらだらテレビを観たりスマホを見たりしてしまいます。

すると、その「だらだらする」という行動が悪習慣として身に付いてしまいます。

「いつ」「どのくらい」の時間を決めるということは、するべき行動をしやすくするという効果があります。

ただ、せっかく時間を決めたとしても、なかなか守れないお子さんもいらっしいますよね?
時間を決めるということは、その子にルールを増やすということです。

ルールがあってもそれを子どもが守るとは限りません。

では、そのような場合、どうすれば良いのでしょうか。

私がおすすめするのは、
「子どもだけにルールを守らせるのではなく、家族みんなにルールを守ってもらう」という取り組みです。

例えば、

  • 夕食後はテレビをつけずにみんなリビングで作業(勉強)する
  • 夕方の4時から6時までは、全員スマホをひとつの箱に入れて触らないようにする

のようなルールをつくってみんなで守るのです。

ひとりではなく、より多くの人と実行する事こそが成功の近道です。

ひとりではルールが守れなくても、みんなが守ることで、「みんな守るのだから守るのは当然」と思える空気をつくることができます。

「ルールを守れない子はダメ」

という考えから、一歩進んで
「どうやったらルールを守れるようになるんだろう」
と考えることで子どもへのアプローチの仕方も変わってきます。

その家族で出来ることからで構いません。
難しければ、保護者の方ひとりとお子さんの合わせてふたりだけでルールを作っても効果はあります。

良い行動の習慣を身につけ、良い行動を蓄積し、結果につながると良いですね。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 大変だった休校期間、子どもの言葉で救われました。

  2. 新中学1年生 部活と勉強の両立の仕方 前半

  3. テスト期間でなくても出来るテスト対策

  4. 子どもの勉強における「新しい当たり前」とは?

  5. 家庭学習は何をしたら良い?

  6. 家で「宿題以外の勉強」をやらせるにはどうしたら良いの?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。