休みの日は何をしている?優先すべき行動・必要な行動

小学生・中学生の皆さんは、休みの日に何をしているでしょうか。

親御さんは休みの日のお子様を見て「何もせずダラダラしている」と感じることもあるのではないでしょうか。

「勉強しなさい」「宿題は終わったの?」と声をかけても、なかなか素直に動かずにイライラしてしまうことも。

そこでこの機会に休みの日の過ごし方について、親子で考えてみませんか。

まずは行動を仕分けしよう

休みの日は自由に使える時間がたくさんあります。

かといって、とくに何もせずにダラダラと過ごしてしまうと、あっという間に夜になってしまいますよね。

有意義な休みを過ごせるように、まずは「やりたいこと」と「やりたくないこと」を考えてみましょう。

さらに、「やるべきこと」と「やらなくてもいいこと」はどうでしょうか。

優先すべき行動・必要な行動を考えよう

休みの日の行動を上記の4つに分けると、重複する項目がでてくるかと思います。

たとえば「やりたいこと」と「やらなくてもいいこと」にゲームが当てはまったり、「やるべきこと」「やりたくないこと」に苦手科目の勉強が当てはまったり。

 

「やるべきこと」⇒「やりたいこと」

この順番で、優先すべき行動必要な行動を考えましょう。

「やるべきこと」に苦手科目の勉強があるのであれば、これが最優先です。

そして「やりたいこと」にゲームが当てはまるのであれば、勉強後にゲームをしてもOKです(ただし、時間は守らなくてはいけませんが)。

生活に反映してみよう

優先順位や必要な行動を実際の生活に反映してみましょう。

  • 学校の課題
  • 自主学習1時間
  • 自分の部屋の掃除
  • お手伝い
  • ゲーム

たとえば、このような行動パターンが作れるかと思います。

「やるべきこと」には期限を決めると、より優先順位が分かりやすくなります。

ついつい必要な行動や優先順位の高いものを後回しにして、やりたいことを優先させてしまうお子様もいるかと思います。

「やりたいことは、やらなければならないことをやってから」を念頭に、有意義な休みの日を過ごせるといいですね。

ぜひ今回の記事を参考に、お子様と休みの日の行動について話し合ってみてください。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 【中学生向け】テスト直前に効率の良い勉強をするための睡眠とは…

  2. テストに向けてどんな声かけをしたら良い?

  3. 勉強を邪魔する「ライバル行動」に打ち勝とう

  4. ピンポイント行動を続けたおかげで苦手が得意になった子の話

  5. 三者懇談に行く前に知っておきたいこと【受験生】

  6. 今年度を振り返る~コロナによるポジティブな変化とは?~

個人指導専門塾で成績が上がる秘密