やる気は目に見えない!やる気を可視化して管理する方法①

やる気があれば勉強も頑張れる

ですが、やる気とは曖昧な言葉でしか表せないもの。簡単に数値化できないものですよね。

今回は、曖昧な「やる気」を目に見える・計測できる形にして管理する方法を紹介していきます。

やる気を目に見える・計測できる形にするメリット

まずはやる気を目に見える・計測できる形にするメリットから見ていきましょう。

やる気を数値化できれば、それを分析してやる気をアップさせる方法がわかります。

また、やる気がたくさんあるときに勉強すれば、効率の良い勉強ができます。

その結果、学力がぐんとアップ。やる気を上手く利用できるのです。

さらに、やる気が低下する原因になるものを見つけることもできます。

やる気を低下させる「邪魔なもの」を排除すれば、やる気の維持に役立つメリットが。

やる気をコントローツできれば学力アップも簡単になる

やる気がある・ない、にかかわらず勉強は習慣化すべきものですし、やる気がないからといって勉強を怠っていいことにはなりません。

しかし、やる気を可視化してコントロールできるようになれば、成長スピードがアップするのです。

無気力な子が増えていると言われますが、そうではありません。

現代の子たちはストレスも多いですし、やる気が起きにくい環境であったり、やる気をうまく引き出す方法が分からないだけの子もいます。

「うちの子は勉強が苦手」と断言してしまうのではなく、うまくやる気を引き出して楽しく勉強できるようにサポートしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 手っ取り早く暗記が出来るようになりたい!全学年向け暗記のコツ…

  2. 式を立てられるようになるトレーニング方法

  3. 理論を知っているだけで変わる、暗記の勉強方法

  4. 夏休み前!テストが終わったら何を勉強すればよいの?(英語編)…

  5. GWでやること④

  6. テスト前、思うように勉強が出来ない子へ。キーワードは「3回や…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密