【小6向け】中学進学を機に今までの習い事はやめるべき?

小学6年生のみなさんは、来年の4月から中学生ですね。

中学進学と同時に、習い事も一区切りと考えて、辞める子が多いのも実情です。

小学生の習い事は、中学進学を機に、やめた方がいいのでしょうか。

今回は、「現在やっている習い事をどうするか」を考えてみたいと思います。

ケースによって最適解は違う

小学生⇒中学生となると、生活が大きく変わります。

  • 部活が始まる
  • 勉強が一段と難しくなる
  • 上下関係が厳しくなる
  • 先生や友達との関係性にも変化がある

みんな条件は同じように見えますが、習い事の継続についてはお子様と親御さんによって、最善の選択が異なります。

 

集団スポーツ系の習い事

サッカーや野球、バスケットなどの集団で行うようなスポーツ系の習い事は、中学生活との両立が難しい傾向があります。

辞めなければいけないわけではありませんが「中学では部活に入るから」「習い事の時間が取れなくなる」と、中学進学を機に辞めるお子様が多くいらっしゃいます。

息抜き程度の習い事

今現在やっている習い事が息抜き程度のものであれば、継続しても中学生活に悪い影響はないと思います。

お子様が中学生になると今までの生活とは一変、変化によってストレスも感じやすくなりますが、息抜き程度の習い事は「リフレッシュ」にもなります。

 

学習系の習い事

英会話や塾などの学習系の習い事は、中学の勉強で優位に働く傾向があります。

小学生の頃とは比べ物にならないほど、難しくなる中学生の授業。

自主学習も重要になってきますが、勉強をする習慣を身につけたり、理解できなかった授業内容を補うためにも、学習系の習い事は有効です。

 

それでも悩んだら

習い事を続けるか辞めるか、なかなか決められないケースもあると思います。

そのようなときは、一度「本来の目的」に立ち返ってみましょう。

習い事を始めた理由は何でしたか。

習い事を続けてきた理由は何でしたか。

習い事をしている本来の目的を考えると、どうするべきか見えてきます。

ほかに考えられる方法

習い事を教えてくれるコーチや先生に相談するのも一つの方法です。

中学校生活が落ち着くまで一時的に中断して、中学校に馴染んできたころに再開するといった手もあります。

 

習い事を続けるかやめるか、お子様と相談して本人が納得できる決断をしましょう。

この機会にお子様と習い事について話し合い、最善の答えが導き出せるといいですね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. クラス替えによるストレスとメンタルケアの方法

  2. 中学生になってから英語で慌てないために【小学生】

  3. 今年度を振り返る~コロナによるポジティブな変化とは?~

  4. 勉強で大切な問題を解決する力って?

  5. 夏休みに中学1年生が意識するべき2つのこと

  6. 勉強上手になるために、時間を見つけるプロになろう

個人指導専門塾で成績が上がる秘密