中学校入学までに身につけよう!~3つのポイント~

新年度スタートまで約2か月ですね。

小学6年生の皆さんの中には、中学校での勉強についていけるかな、と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

実は、中学校の勉強でつまずく大きな原因は3つに分けられます。

逆に言ってしまえば、その3つをクリア出来ればむやみに心配する必要はありません。

今回は、その3つのポイントについてお話します。

ポイント①「正しい勉強のやり方を身につけよう」

皆さんは「正しい勉強」とはどのようなものだと思いますか。

例えば「間違い直し」。

間違い直しの目的は、①何を間違えたのか、②どうして間違えたのか、③同じ間違いをしないためにはどうすれば良いのか、を考えることです。

皆さんの間違い直しは、単に答えを書き写しただけになっていませんか。

正しい方法で勉強しなければ、効率よく学力を伸ばしていくことは出来ません。

今のうちに正しい勉強法を身につけておきましょう。

ポイント②「学習習慣を身につけよう」

皆さんは、宿題の他に毎日どれくらい勉強しているでしょうか。

中には、全くやっていない、という方もいるかもしれません。

5教科で400点以上を取っている生徒が、毎日どれくらい勉強しているかというデータを取ったところ、大体30分~60分という方が一番多いという結果でした。

テストの点数が高い人は、毎日何時間も勉強していると思われがちですが、意外にも1時間未満という方が多いのです。

ポイントは「毎日」勉強すること。

部活動などで忙しくなる前に、宿題以外の学習習慣を身につけておくことが非常に重要です。

ポイント③「基礎学力を身につけよう」

中学校で習う内容は「全く新しいこと」ではありません。

実は、小学校で習った内容を深堀したものが多いのです。

つまり、小学校で習う単元すべてが、中学校での勉強の基礎学力であると言えます。

例えば、歴史の江戸幕府。小学生の教科書では19ページの解説がありますが、中学生の許可書では49ページにわたって解説されています。

小学生の時の予備知識があったほうがスムーズに内容を理解出来るであろうことは明らかですよね。

このように、今学んでいる内容は、中学校での勉強に繋がっているのです。

 

いかがでしたか。

今のうちに3つのポイントを身につけて、幸先の良いスタートを切りましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 休校中、子どもにはどんな勉強をやるべき?【小学生】

  2. 【成功事例】プラスαの家庭学習方法

  3. 勉強も楽しく習慣化できる!プレマックの原理とは?

  4. 小学生のうちからできる中学準備

  5. テスト期間でなくても出来るテスト対策

  6. 中学生になるために

個人指導専門塾で成績が上がる秘密