ちょっとした時間に勉強できるようになるコツとは?

こんにちは。個人指導専門塾の柵木です。

9 月も終わりですね。

さて、この時期は勉強も他の行事も忙しくなります。

勉強が苦手な子どもとしては、どうしても勉強を後回しにしてしまいがちです。

もちろんそれではいけないことを子ども自身も知っています。

だけど「時間がないから勉強に回せない……」そんなことはありませんか。

学校の宿題をやるのは当然として、それ以外の時間を見つけるのは不可能、と思いがちです。

ここで重要なのは「時間の使い方、見つけ方」です。

漢字の書き取りに 30 分、1 時間とかける子はいませんか。

もちろん時間があるならそういう勉強も大事です。

ただ忙しくなると、その 30 分が惜しくなります。

 

そういう場合、漢字の書き取りを細かく分けてみて考えます。

漢字の書き取りの順番は、簡単に箇条書きにすると

①漢字ドリルとノートを用意する

②正しく漢字をノートに書き写す

③音読みと訓読みを書く

④ノートに 5 回ずつ繰り返し書く

といったところでしょうか。

これを①~④まで一気にやるためには、時間をまとめて取らないといけません。

 

ただ、例えば①だけならどうでしょうかこれは 1~2 分でできますよね。

②はもう少しかかるでしょうが、5 分もあればできそうでしょうか。

③は②といっしょにすれば 1~2 分でしょうか。

④が大変ですね。これに 10 分~20 分かける子はいると思います。

例えば、ご飯前に学校の宿題を、ご飯の後に漢字の書き取りをしようとしたら、

  • 宿題のあと、漢字の書き取りの準備だけしてからご飯にする
  • お風呂待ちの間に②③をしてしまう

のようにひとつひとつ作業をこなしていくとどうでしょうか。

このように、ちょっとした時間を使って、できることだけやっておくという手もあります(隙間時間なんて言ったりしますね)。

子どもは「たった 2 分で勉強なんて進められない」と思いがちです。

ですが、逆の発想で「2 分でできることをしてみよう」とするだけで、思ったより進めることができます。

それが他の子との差になります。

「月曜はドリルから書き写すだけ①②③、火曜は練習の日④」みたいにしてしまっても良いです。

睡眠時間を削りながら、うとうとと 1、2 時間以上かけて同じ分量こなすよりもよっぽど効果的です。

時間が取れないなら細かく時間を取ることはできないか、ぜひ考えてみてください。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. テスト前必見、テスト直しのやり方

  2. 公立受験本番直前!1週間前にできること

  3. 実力テストが返ってきたらやってほしいこと

  4. 理科のテストの点数をあげる方法!

  5. これでカンペキ!英語を覚えるためのノート練習法

  6. 質問したいのに出来ない子どもに何と声をかければ良い?

個人指導専門塾で成績が上がる秘密