【中学生向け】定期テスト当日に後悔しないために今やっておくべき準備

もうすぐ夏休み明け初めての定期テストですね。

今回は、テスト当日になって後悔してしまわないために、今やっておくべき準備についてお話ししていきます。

 

「ノー勉」はNG!テスト勉強を疎かにしない

定期テストが近づいてくると【定期テスト ノー勉】というキーワードでのWeb検索数が増えます。

これは何を意味しているかというと

「定期テスト直前だけど、全く勉強していない(ノー勉)…ヤバいかな?」と焦る人が増えて、同じような経験をした人でも「問題なかった」という体験を見て安心したい・・・と思う子が意外と多い

ということなのです。

厳しいことを言いますが「ノー勉」で高得点を取れる人はいません。

「でも、友達はノー勉で良い点数を取っていた」といった声も聞こえてきますが「勉強していない」といいつつ、本当は勉強しているのです。

テスト当日に焦ったり後悔しないように、今からでもテスト勉強をしっかりとしていきましょう。

 

とにかく苦手な問題を解く

定期テストのために、苦手な問題を解きましょう。解けば解いただけ自信がつきます。

とはいえ、解いただけで終わりにしてしまっては意味がありません。

問題を解く⇒丸つけをする⇒間違い直しをする

をワンセットにして、勉強を進めていきましょう。

間違った問題はノートに書き写して、ポイントをまとめるのも有効です。

「苦手=伸びしろ」ですので、分からないところを重点的に学習するようにしましょう。

繰り返しが重要

テスト当日までに、ワークのテスト範囲を3回は繰り返しましょう。

「エビングハウスの忘却曲線」で知られるように、人の記憶は時間とともに失われていきます。

20分後には58%、1日後には33%、6日後には25%の記憶しか残っていません。

だからこそ、繰り返しの学習が大切なのです。

定期テスト当日の自信はどこからくるのか。

それは学習を積み重ねることで生まれます。

「苦手な科目だけど、しっかり勉強したから大丈夫!」と思えるのが理想です。

テスト当日に後悔してしまわないように、しっかりと準備をしていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. ケアレスミスをゼロにするコツを公開!

  2. 英語の勉強には教科書を使おう。

  3. テスト範囲表はどう見る?

  4. 苦手科目のテスト対策|反復学習が点数アップの近道

  5. 休校中に自主学習の習慣を!教材選びのコツ【中1】

  6. 集中力が持続する「勉強宣言」のススメ①

個人指導専門塾で成績が上がる秘密