【受験生向け】集中力が途切れた!?リフレッシュする休憩の仕方ベスト3

毎日受験勉強をしていると「集中したくても集中できない!」というときもありますよね。

人の集中力の限界は90分といわれています。

50分ほどの勉強時間いったん休憩をはさみ、時間を制限することで集中力を上げる方法がおすすめ。

今回は、勉強に集中できなくなってしまったときに効果のある休憩の仕方ベスト3を紹介します。

1.仮眠

勉強中に集中力が途切れてしまったら、仮眠をとることが効果的です。

仮眠をとることで一度脳をリセット。

外部からの音や視覚的刺激もシャットアウトできるので、しっかりリフレッシュでき、集中力が回復します。

また、勉強直後の仮眠は、記憶力の定着図れるというメリット

寝すぎてしまわないように、仮眠時間を15分程度にとどめることポイントです。

2.ストレッチや軽い運動

ストレッチや軽い運動も、集中力がなくなってしまった際に効果的な休憩方法です。

軽く体を動かすことにより、血行が良くなります。

それにより、疲労回復の効果が期待できます。

本格的なストレッチではなくても、「首や肩の筋肉をほぐす・屈伸やアキレス腱をのばす」だけでも効果的なので、集中力がなくなってしまったときの休憩に取り入れてみましょう。

 

3.好きな音楽を聴く

音楽鑑賞には、ストレス軽減の効果があるということが分かっています。

また、課題と課題の間の音楽鑑賞には、学業の成績を上げ、長時間の集中を助ける効果があるという研究結果もあります。

集中力が途切れてしまったら、好きな音楽を聴いてリフレッシュしてみましょう。

集中力の引き出し方は、人それぞれです。

しかし、集中力が途切れてしまっても、そのまま継続して勉強を続けるのは効率がよくありません。

「集中できない!」と思ったら、いちど勉強を中断して、休憩をとることがおすすめ。

受験生のお子様に、集中力が途切れてしまったときの休憩法として、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 面接試験でどんなことを話せば良いのか分からないあなたへ【受験…

  2. GWでやること④

  3. ノートまとめのやり方(数学)

  4. 夏休み前に決めよう!~学年別 学習計画のポイント~

  5. GW勉強をしなかった子がその差を埋めるためには(小学生)

  6. テスト直しをして次のテストで成功した子の話【中学生】

個人指導専門塾で成績が上がる秘密