数学(算数)のノートをきれいに書くためにしないといけないこと

こんにちは!個人指導専門塾の服部です。

 

今回は「途中式について」第二弾をお伝えしようと思います。

以前は「途中式」はなぜ必要なのか(2017.11.7)を説明しました。

今回は、前回に+αと途中式の書き方について説明したいと思います。


 

今はノートなども大学ノートが増え、

小学校高学年や中学生で方眼のノートを使うお子さんは少なくなってきました。

社会人でも、大学ノートやルーズリーフが多くなっています。

 

 

でも、大学ノートなどは字がきれいだったり、

バランスよく書かないと見栄えが悪くなり、非常に後で見返しにくくなります。

お子様のノートでも「読みにくい・・・」と思ったことありませんか?

 

男性は特に字が汚かったりするので余計に見にくいです。。。

そういう私ももちろんのこと・・・雑なので見にくいです。

 

子供もゴチャゴチャしていたら、字を書く気も失せてしまいます

そんな時、保護者の方や生徒さんにもよくお伝えしていますが

「方眼ノート」を用意してほしいと伝えています。


 

なぜ、方眼なのでしょうか?

 

 

理由は明確で、マス目がきちんとしていてバランスよく書けるからです。

なぜならマスがあれば収めようとするからです。

 

ポイントは、大きい方眼ではなく少し小さめの方眼で購入します。

「整数の時、分数の時」など、その都度教えてあげれば、「書き方」が定着します

 

一問一問に時間をかけてもいいので丁寧に書くことが基本です。

 

よくお母さんは「綺麗に書きなさい!」っていいますよね?

その『綺麗っていうのはどういうことなのか?』

ここを共通の認識にしなければいけません。

人ぞれぞれ物差しが違うので、ひょっとしたらお子さんは

綺麗に書いてるじゃん!」ってなるかもしれません。

 

なので、マス目をきちんと教え、

この1マスに入れるように書こうね。

など、具体的に教えるためにも方眼ノートが最適なのです。


 

では、具体的に途中式はノートにどのように書くのでしょうか?

それは、計算問題であれば「左辺=右辺」を一つとして、縦に書いていくのが正解です。

その際「=」の位置を揃えるなどして、より見やすく(やりやすく)書くことが重要です。

 

 

一つの計算問題の中でも、中学生になれば10個近くの作業工程が入っています。

分数を整数に、少数を整数に、文字の移行など色々な工程があります。

 

計算が苦手な子、ケアレスミスをしてしまう子は、

その工程を省いてしまっているのです

足し算は皆さん暗算でできますよね?

なぜなのか、それは足すという工程が一つであること、

そして毎日のように計算しているからです!

 

でも、分数や少数、文字式なんて普段使いませんよね

だからこそ途中式を書き、ミスをなくす

そのためにも、ノートに書く癖をつけなくてはならないのです。


 

中学生の書かない理由は、「めんどくさい」が多いです。

それは、今までしなかったことをしなくてはいけなくなるから「めんどくさいと思うのです。

 

だったら、小学生から常に書くことを伝える

書くために書き方を教えてあげるのです。

クセになってしまえば面倒ではなくなってしまうんです。

是非、方眼ノート活用して何度も何度もクセになるまで

繰り返してみましょう!

 

投稿者プロフィール

服部
服部
個人指導専門塾 塾長の服部です。 得意な教科は数学です。 趣味は旅行で、最近は古い街並みにはまっています。 生徒達には、まず塾には笑顔で楽しんで来てもらいたいです。 「勉強は嫌々な顔でせず、にこにこしてやってもらう」を心がけています。 「やる時はやる。やるべき事はやる。」そんなメリハリを持たせてあげたいと思っています。

関連記事

  1. 漢字を覚えるときのポイント

  2. 勉強が「難しい」と感じたときにするべきこと

  3. テスト前のノートづくり

  4. 【成功事例】テストで合計70点アップ!した中3生の子の話

  5. 理科と社会のノートまとめのコツ

  6. 国語の“苦手”を見極めよう!②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加