何のために宿題をやるの?

こんにちは。教室長の丹下です。

9月も半ばになりました。2学期は勉強も難しく学校行事も多くて、体力的にも大変な時期かと思いますが、宿題は忘れずにやり切れているでしょうか?

そこで今回は、「宿題をやることの大切さ」についてお話します。

宿題をやるのは当たり前のことですよね?

しかし、やってきた宿題を見ていると、生徒によって印象が全然違います。

「急いでテキトーにやったなあ」

「しっかりやってあるなあ」

「答えを写してるな・・・」

など。一目見ればわかります。

宿題は、毎日の授業の復習のためにあります。

自分自身が学校の授業が理解できているのかを確かめるため、また学校の先生も宿題を見て、どれだけ理解できているか確認できます。

また、みんなの頑張りを伝えるものでもあります。

どれだけ真剣に取り組んでいるのか、理解しようとしているのかは、

字の丁寧さや解説やメモの量、やり直しの跡で伝わります。

これが通知表の内申にもつながっていきます。

 

生徒からよく、こんなことを聞かれます。

「なんであの子は頭いいんだろう?」

「なんであの子はテストの点数高いんだろう?」

「あの子、テスト前勉強してる感じしないけどな?」

正直、こういうことを言っている子は、「テスト前の勉強だけ頑張って、普段の宿題で手を抜いている」ことが多い印象があります。

テスト前だけ頑張って差を埋めるのは、そう簡単に出来ません。

分からないところはすぐ解決しないと、どんどん増えていくし、そもそもどこが分からなかったのかも分からなくなります。

日々の積み重ねは大きいです。

スポーツもそうですが、少し練習をさぼると取り戻すのに時間がかかりますよね?

勉強も同じです。たかが宿題ですが、日々の宿題をいかに真剣になってやったかどうかが、はっきりとテスト結果に表れます。

 

宿題のやり方がまずいな、もう少し工夫できるなと思った方は、

今すぐ見直しをして次のテストに備えましょう。

関連記事

  1. 学年末テストに向けた勉強のやり方

  2. 勉強ができる子のテスト勉強の仕方

  3. 自主勉強の第1歩とは

  4. テスト前に効果的な声かけ

  5. テスト勉強はどうやるの?(数学)

  6. GWでやること③

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

4月27日に代表石田の書籍が発売されます