【受験生向け】模試に真剣に取り組むメリットとは?

「模試は受験ではないし内申点にかかわる定期テストでもないから、別に頑張らなくてもいいのでは」と思っているお子様もいます。

確かに、模試自体の結果は高校受験に影響を及ぼすものではありません。

しかし、模試に真剣に取り組むとたくさんのメリットがあります。

自分の実力が分かる!

模試を受けると自分の得意不得意が分かるのはもちろんですが、今の自分が受験生のなかでどのくらいの位置にいるのかが分かります。

学校外も含めた受験生と比べたときの学力を知れるのは、とても貴重。

また、模試を作成する人が学校の先生ではないのもポイントです。

これまでの学習の理解度や定着度を客観的に知ることができます。

 

どこに力を入れればいい?これからの受験勉強の目安になる!

模試を受けた結果で、自分の苦手な教科や単元が分かります。

これからの受験勉強で力を入れるべきポイントを知って、効率の良い受験勉強の計画が立てられるのも大きなメリットです。

さらに細かく見ていくと、ケアレスミスにも気づくはず。

計算間違いがある、単位を書き忘れた、などの間違いの傾向を見つけて気をつけるだけでも「悔しい間違い」を減らせます。

伸びしろはどこか、何に力を入れればいいのか、気を付けなければいけないポイントは何か、といったことが分かると、スムーズに受験勉強を進められるようになります。

 

本番の雰囲気が分かる!

中学生で受けるテストと言えば定期テストですが、なかなか学校以外で試験を受ける機会が少ないですよね。

模試を利用すると、学校外で受けるテストに慣れることができます。

知らない子・知らない試験官・普段勉強している教室とは違う場所。緊張するのも無理はありません。

“慣れる”ためには、経験するしかないので模試を上手く利用しながら受験に備えましょう。

模試で良い結果を出せれば自信がつく!

出題範囲が広く問題を作る人も違うため、正直に言って模試は定期テストよりも難しいです。

そんな模試で良い結果を出せれば、自信につながります。

「受験ではないから頑張って取り組まなくてもいい」と思う気持ちも分からなくはないですが、模試に真剣に取り組むことで得られるメリットは大きいです。

受験生の皆さんには、今回の記事を参考にしながらしっかりと模試に取り組んでいただきたいと思います。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 受験まで残り4ヶ月!具体的な勉強計画を立てる重要性

  2. 第一希望に合格した受験生がやっていた夏の勉強法とは【受験生】…

  3. 通知表の見方を見直してみよう

  4. 私立受験直前!~1か月前にやるべき勉強②~

  5. 学年末テストと受験勉強、どっちが大切?

  6. 三者懇談会で先生に言われたことはどこまで聞くべきか【受験生】…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密